キム・ヨナ、“女王”に返り咲き 浅田は銅メダル <世界フィギュア>

写真拡大

カナダのオンタリオ州で行われている「フィギュア世界選手権」。第4日の女子フリーより。

24人が出場した、後半のフリースケーティング(FS)部門。最終滑走者として登場したキム・ヨナは、フリーで148.34点を記録。ただ一人、200点超えとなる合計218.31点で、4年ぶり2回目の優勝を果たした。


キム・ヨナ


舌をペロっと出して、おどけるキム・ヨナ


日本勢は、浅田真央が合計196.47点で、前半ショートプログラム(SP)6位から順位を上げて3位。村上佳菜子は189.73点で、SP3位から4位へと順位を落とした。そして、SP7位の鈴木明子は、164.59点で12位となった。


浅田真央


村上佳菜子


鈴木明子


■女子FSの結果
1位:キム・ヨナ(韓国) 218.31点
2位:カロリーナ・コストナー(イタリア) 197.89点
3位:浅田真央(日本) 196.47点
4位:村上佳菜子(日本) 189.73点
5位:アシュリー・ワグナー(米国) 187.34点
6位:グレイシー・ゴールド(米国) 184.25点
7位:李子君(中国) 183.85点
 ………
12位:鈴木明子(日本) 164.59点

(photo by REUTERS)

[2013年3月16日、カナダ・オンタリオ州]