S550Long_exterior_1624943.jpgメルセデス・ベンツ日本は、8 年ぶりにフルモデルチェンジを行ったメルセデス・ベンツの最高級セダン「S クラス」を日本市場に導入、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて2013年10月1日より予約注文の受付を開始し、11月上旬より販売、納車を開始します。


(写真は、メルセデス・ベンツの新型「S クラス」)
 メルセデス・ベンツSクラスは、いつの時代も世界の自動車の指標とされてきたメルセデスのフラッグシップモデルです。この伝統を受け継ぎ「最高の自動車」を目指して開発された新型Sクラスは、時代の最先端を行く「インテリジェントドライブ=知能を備えた革新的テクノロジー」、「エナジャイジングコンフォート=究極の快適性」、「エフィシェントテクノロジー=徹底した効率向上」をコンセプトに、安全性と快適性、効率性など自動車に求められるあらゆる要素を高次元で究めた「新時代のプレステージカー」として生まれ変わりました。



S400_HYBRID_exterior_withAMG_____________________________________1624995.jpg新型「Sクラス」のコンセプトは
「インテリジェントドライブ=知能を備えた革新的テクノロジー」、
「エナジャイジングコンフォート=究極の快適性」、
「エフィシェントテクノロジー=徹底した効率向上」。
 


 
新型Sクラスのエクステリアは、メルセデスのフラッグシップモデルならではの威厳を感じさせるフロントビューやクーペを思わせる流麗なフォルムに、先進的で躍動感のある最新のメルセデスデザインを融合し、洗練されたエレガントでモダンなデザインとなりました。



______LED_1625166.jpg威厳を感じさせるフロントビューやクーペを思わせる流麗なフォルムが特徴。

 
 
インテリアは、美しいカーブを描くダッシュボードからドア、シートまで流れるような一体感のある新デザインコンセプトを採用、細部に至るまで贅沢に使用した最高品質のレザーやウッド素材とあわせ、メルセデスの最新フラッグシップモデルにふさわしく、エレガントでエクスクルーシブな室内空間となっています。



S550Long_interior_1624944.jpg
ダッシュボードからドア、シートまで流れるような一体感のある新デザインコンセプトを採用。

 
 
新型Sクラスには、安全性と快適性を高次元で融合し、『知能を備えた』ともいうべき新時代の革新的テクノロジー「インテリジェントドライブ」を備えています。メルセデスが世界に先駆けて導入した安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ(RadarSafety Package, RSP)」は、従来の短距離/中長距離ミリ波レーダーに、ステレオマルチパーパスカメラとマルチモードミリ波レーダー(後方)を新たに追加することで、衝突事故を未然に防ぐドライビングアシスト性能をさらに進化させています。「ディストロニック・プラス」は車間距離を維持するだけではなく、車線のカーブと先行車両をモニターしながらステアリング操作のアシストを行う機能を追加しました。「BAS(ブレーキアシスト)プラス」には飛び出し検知機能が加えられ、前方を横切るクルマや歩行者の飛び出しを捉えてディスプレイと音で警告します。ドライバーが警告に反応しない場合は「PRE-SAFE®ブレーキ」の自動緊急ブレーキが段階的に作動します。また、リアバンパーに設置されたマルチモードミリ波レーダーが後方からの衝突の危険を検知すると後続車に警告するとともにブレーキ圧を高めて自車をロックし二次被害を軽減する「リアCPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)」を新たに装備しました。さらに、「快適な乗り心地」の概念を根本から変える世界初のサスペンションシステム「マジックボディコントロール*」は、前方の路面の凹凸をステレオマルチパーパスカメラで捉え、その路面状況に応じて瞬時にサスペンションのダンピングを制御することでボディに伝わる衝撃を最小限にしてフラットで極上の乗り心地を実現する、新型Sクラスの「インテリジェントドライブ」を体現する新機構です。



__________________________________1625180.jpg
メルセデスが世界に先駆けて導入した安全運転支援システム
「レーダーセーフティパッケージ(RadarSafety Package, RSP)」を搭載。



*S 550 long にオプション設定、S 63 AMG long に標準装備新型Sクラスが追求した「エナジャイジングコンフォート」は、従来のクルマの快適性の概念を超える、すべての乗員にとっての究極の快適性を実現しています。とりわけ後席の快適性を重視する顧客向けに設定される「ショーファーパッケージ*」は、最大43.5度のリクライニング機能やフットレストを備えたエグゼクティブリアシートをはじめ、世界初の温熱機能を備えたホットストーン式マッサージ機能などを備えています。さらに、夜間の室内に7つの色と5段階の明るさが選択可能な美しい光の帯が煌めく「マルチカラーアンビエントライト」や、室内の空気清浄機能に加えてイオン効果やパフュームアトマイザーを備えた「エアバランスパッケージ*」等、さまざまな最新鋭の快適装備がすべての乗員の心地よさを大きく向上します。*一部モデルにオプション設定



________________________________________1625181.jpgパフュームアトマイザーなどを搭載し、
従来のクルマの快適性の概念を超える、
すべての乗員にとっての究極の快適性を実現を目指した新型「Sクラス」。


 
新型Sクラスは、いまや大型高級セダンにも求められる効率性や環境適合性においても、このセグメントにおけるリーダーとなるべく開発が行われました。最新テクノロジーを駆使したハイブリッドシステムをはじめとするパワートレインは、動力性能を高めながら燃費効率を大きく向上しています。さらに、約100kgもの大幅な軽量化を達成したアルミニウムハイブリッドボディシェルや、セグメントNo.1のエアロダイナミクスを実現したボディデザイン等、さまざまな「エフィシェントテクノロジー」により徹底した効率向上を図りました。新型Sクラスのラインアップは、3.5リッターV6直噴エンジンに新世代ハイブリッドシステムを搭載し、大型高級セダンセグメントで初めて、エントリーモデルにハイブリッドパワートレインを採用した「S 400 HYBRID」、S 400 HYBRIDに内外装と快適装備の充実を図った上級ハイブリッドモデル「S 400 HYBRID エクスクルーシブ」、ロングホイールベースによる広大で上質な室内空間に快適装備をふんだんに採用した「S 550 long」、エンジン性能を従来よりさらに向上するとともに最先端サスペンションシステム「マジックボディコントロール」を標準装備した「S 63 AMG long」、パフォーマンス志向の新開発AMG専用四輪駆動機構「AMG 4MATIC」を搭載した「S 63 AMG 4MATIC long」を設定しました。
安全性、快適性、環境適合性など、あらゆる面で大きく生まれ変わった新型Sクラスは、新世代ハイブリッドシステムの搭載と大幅な装備充実を実現した「S 400 HYBRID」を、従来のエントリーモデル S 350 (1085万円)とほぼ同等の価格設定である1090万円とし、さらに各モデルとも従来モデルから据置き、もしくはほぼ同等の価格設定としました。
 
 
【『新型Sクラス』概要】
 
「S 400 HYBRID」
■ステアリング:右
■エンジン:3.5L V6直噴+ハイブリッド
■価格:1090万円(税込)
 
「S 400 HYBRID エクスクルーシ」
■ステアリング:右
■エンジン:3.5L V6直噴+ハイブリッド
■価格:1270万円(税込)
 
「S 550 long」
■ステアリング:左/右
■エンジン:4.7L、V8 直噴ツインターボ
■価格:1545万円(税込)
 
「S 63 AMG long」
■ステアリング:右
■エンジン:5.5L、V8 直噴ツインターボ
■価格:2340万円(税込)
 
「S 63 AMG 4MATIC long」
■ステアリング:左
■エンジン:5.5L、V8 直噴ツインターボ
■価格:2340万円(税込)
 
 
 【問】メルセデス・ベンツ日本 tel:0120-190-610(メルセデスコール)


■関連記事
メルセデス・ベンツが新型Sクラス発売記念で 特別仕様車『S 550 long Edition 1』を発表
ジャガー「XF」向け50台限定の『ブラックホイール de インチアップ』キャンペーンを実施
『ランボルギーニ・ガヤルド LP 570-4 スクアドラ・コルセ』 レーストラックの興奮を、そのまま公道へ