「ひふみ投信」の基準価額と純資産額の推移。中小型の成長株を中心に投資するスタンスが功を奏し、日経平均株価が必ずしも堅調でなかった時期にもかかわらず、基準価額は5年弱で2倍に!

写真拡大

 2005年7月に65万円の資金で株式投資を始め、7年半で2000倍近い驚異的なパフォーマンスを記録した個人投資家・五月(ごがつ)さんこと片山晃さんが「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスに「シニアアナリスト」として入社した。

「ひふみ投信」は銀行や証券会社を介さず、投資家に直接販売する独立系投信として、2008年10月に運用が開始された投資信託で、中小型の成長株を中心に投資する運用方針で、2013年7月31日時点の設定来騰落率は198.22%と、5年弱で基準価額が約2倍になる優秀なパフォーマンスを叩き出してきた。

「R&Iファンド大賞2012」では「国内株式部門」の最優秀ファンド賞、「R&Iファンド大賞2013」でも優秀ファンド賞を受賞するなど、業界内でも注目を浴びるファンドへと成長し、現在ではSBI証券や楽天証券、マネックス証券などの大手ネット証券でも「ひふみ投信」と同じマザーファンドの投資信託「ひふみプラス」を取り扱う会社が増えてきている。

 そんな日本でトップクラスの日本株ファンドの運用チームに、元カリスマ個人投資家の五月さんがアナリストとして加わった。前々回(資産2000倍の元カリスマ個人投資家・五月さんは、なぜ「ひふみ投信」に入ったのか?)、前回(入社2カ月で早速ホームランをかっ飛ばした!「ひふみ投信」に加わったカリスマ個人投資家の実力とは?)の記事では、五月さんを採用した「ひふみ投信」のファンドマネジャー・藤野英人さんに話を聞いたが、今回は五月さん本人に直撃したインタビューを掲載する。

 その前に、改めて五月さんの個人投資家としての経歴を紹介しておこう。

7年半で資産を2000倍近くに増やした個人投資家

 現在30歳の五月さんが投資を始めたのは2005年7月。株式投資を描いたドラマ『ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい』(フジテレビ系、原作は石田衣良の小説「波のうえの魔術師」)を見たことがきっかけだった。

 その後、日本株市場が決して好調とは言えず、しかも2006年1月のライブドアショックや2008年9月のリーマン・ショック、2011年3月の東日本大震災という大きな株価急落局面もあったにもかかわらず、7年半で資金を2000倍近くまで増やす驚異的なパフォーマンスを記録し、「ダイヤモンドZAi」でも2011年4月号(2011年2月21日発売号)や2012年10月号(2012年8月21日発売号)などに登場してもらったカリスマ投資家だ。

 投資を始めた当初はデイトレなどの短期売買が中心だったが、2009年に資産が5000万円を超えたあたりからは中小型株の中長期投資が主体になる。もともと「決算書などの裏に見える企業のストーリーに興味がある」と語っていた通り、決算や業績の上昇修正のような適時開示などの公開情報を分析して、その銘柄が割安かどうか、割安が解消されるきっかけがあるのかを予測することで、数カ月で株価が2〜10倍になるような銘柄をいくつも発掘してきた。

 昨年末には資産が当初資金の2000倍近くまで膨れ上がり、すでに個人投資家として大きな成功を収めていたにもかかわらず、五月さんはなぜ機関投資家になるべく「ひふみ投信」のアナリストになったのか。

「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスに入社する経緯から現在の仕事の内容、五月さんが見据える「ひふみ投信」の未来像まで、とことん聞いてみた。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)