写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イオンは28日、同社が展開するプライベートブランド(PB)「トップバリュ」の食品・衣料品・住居余暇関連商品約5000品目について、年内は値上げせず価格を据え置くと発表した。

2013年に子会社となったダイエーやピーコックストアをはじめ、全国のスーパーマーケットやコンビニなど8,000店舗以上でのトップバリュ商品の取り扱いを拡大することにより、調達コストを効率化する。

また、店舗での販売情報をいち早く生産計画に反映し、より効率的に生産することで製造コストのパフォーマンスを高めるほか、独自の物流システムについても活用方法を改善し、物流コストの効率化を図るという。

主な商品は、「トップバリュ やわらか仕込み食パン」(118円)、「トップバリュ 極小粒納豆」(78円)、「トップバリュ トイレットペーパー」(348円)など。

同社は併せて、PB「トップバリュセレクト」の品目数を、2014年2月末までに現在の230品目から300品目に拡大すると発表。9月には、「トップバリュセレクト トマトチーズ鍋用つゆ」(700g、298円)、「トップバリュセレクト ノンシリコンシャンプー ローズの香り」(500ml、798円)など、新商品やリニューアル商品計15品目を順次発売する。

(御木本千春)