写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富山県と東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区)は、東京ミッドタウン・デザインハブ特別展「メイド・イン・トヤマのデザイン」展を9月12日〜24日まで開催する。

同イベントは、富山県のデザインに関する取り組みの成果を発表するもの。同県内の企業18社のデザインを実際に展示する。

○25年の地域デザインの集大成

同県は「地域デザイン振興の先駆け」として、25年にわたりデザイン振興活動を実践。商品化を前提としたデザインコンペを代表とする、全国のデザイナーと富山県の企業との「マッチング」を核として活動してきた。同県内にとどまらず、国内のデザイン界にも影響を与えているという。

同展には18社が出展。富山県内企業のデザイン力、ものづくり技術力、素材力を仲見世通りとして紹介する。また、地域のデザイン活動の中核である富山県総合デザインセンターが取り組んでいる事業や開発事例も併せて紹介する。

○無料で参加できるイベントも

期間中は同県の企業とのマッチングをテーマとしたセミナーや、企業のプレゼンテーション、シンポジウムを開催する。

9月12日17時〜18時45分には、富山県総合デザインセンターの大矢寿雄所長と、東京大学生産技術研究所の山中俊治教授による講演会を行う。定員は100名で、参加料は無料。「メイド・イン・トヤマのデザイン」展で事前申し込みが必要。

9月24日17時〜18時45分には、タカタレムノス高田博代表取締役社長、プロダクトデザイナー澄川伸一氏、建築家・デザイナー寺田尚樹氏によるシンポジウムを、モデレーター・桐山登士樹氏で行う。こちらも定員は100名で、参加料は無料。事前申し込みが必要となる。

同イベントの開催日時は9月12日〜24日、11時〜19時(初日12日は13時開場)。入場料は無料。

(フォルサ)