写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マンション住まい関連サイト「マンション・ラボ」を運営するつなぐネットコミュニケーションズは27日、「マンションでの地震防災に関する意識調査」の結果を発表した。同調査は9日〜12日に同サイトで実施。2,804名から回答を得た。

○マンションの防災対策は前回調査より進む

「大規模な災害が発生した場合、どこで生活をすると思うか」を聞いたところ、マンションの建物が無事だった場合には「自宅にとどまって生活する」と答えた人が68.9%、「避難所」が14.2%、「わからない」が16.9%となった。

大規模災害発生時には、特に都心部で避難所が避難者であふれ、収容しきれない状況になることも予測されている。建物の耐震性が高いといわれるマンションの場合、避難所ではなく「自宅にとどまる」という選択肢を選ぶ人が多いことが分かった。

「現住マンションの災害時対応」については、「災害時対応マニュアル」が準備されているマンションは52.1%、「緊急時の安否確認用の入居者名簿」が準備されているマンションは56.8%、「防災備蓄品(救助用具、医療品、毛布、簡易トイレなど)」が用意されているマンションは41.7%だった。同社が2011年に行った同様の調査と比べると、すべての項目で「準備されている」マンションの割合が増加していた。

○マンション自室内の防災対策はまだ途上

次に「地震対策として家具や家電を固定しているか」を聞いたところ、「はい」と答えた人は半数に満たない46.6%だった。固定している人が多かった家具家電は1位が「食器棚」の57.1%、2位が「本棚・飾り棚」の54.0%、3位が「テレビ」の50.4%。対して「洗濯機」は2.5%、「冷蔵庫」は18.7%と低い数字だった。

「備蓄品(水・食料・生活用品・防災グッズなど)を用意しているか」については、69.7%が「はい」と答えた。備蓄しているものは「飲料水」が90.2%、「食料」が75.7%、「非常用照明」が75.0%などと常備割合が高かったのに対し、「枕元に靴を置く」は1.7%、「簡易トイレ」は33.1%、「衛生用品」は36.0%に止まった。

調査の詳細は「つなぐネットコミュニケーションズのプレスリリース」で閲覧できる。

(エボル)