対馬の森林競売、韓国業者が関心

ざっくり言うと

  • 絶滅危惧種のツシマヤマネコが生息する長崎県対馬市の森林地が売りに出された
  • 約260万平方mの広大な森林地で、韓国の業者からも問い合わせがあるという
  • 市では「対馬のシンボルが奪われる」との危惧の声が出ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング