大迫、J史上2位の「衝撃11秒弾」

ざっくり言うと

  • 鹿島は28日、清水戦で日本代表復帰を目指す大迫が電光石火の一撃を決めた
  • キックオフから11秒、右サイドからの遠藤のクロスに右足を合わせシュート
  • 3戦連続の一撃は、広島の佐藤に次ぐ史上2番目のスピード弾

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング