検察事務官が殺人事件の証拠放置

ざっくり言うと

  • 東京地検は28日、男性事務官が殺人事件に関する証拠を放置していたと発表
  • 捜査関係書類など222点の証拠が段ボールに入れたままになっていたという
  • 地検は調査を進め人事上の処分を行う方針である

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング