前よりも表情が立体的になった?

写真拡大

ルノージャポンは2013年8月29日、同社の看板ラインナップである「カングー」のデザインを一新して発売する。

ボディカラーも3色追加

カングーの特徴である広い室内空間、高い機能性はそのままに、車の「顔」であるフロントデザインだけを変更。

これまでよりも大きく角度を立てて取り付けられた「ルノーロゴ」と、そこからヘッドライトまでつながるブラックグリルバンパー、そして内側のブラックがアクセントとなっている新形状のアーモンド形ヘッドランプにより、今までよりも「生き生きとした表情を実現した」としている。

ボディカラーは「ジョンアグリュム」など3色の新色を追加し9色用意。

グレードは標準の「ZEN(ゼン)」と、「ACTIF(アクティフ)」の2グレード。

ZENは234万8000円から、ACTIFは214万8000円から。