スマホユーザー3人に1人「電池が切れるのは、財布を無くすのと同じ恐怖」

写真拡大

ソフトバンクBB株式会社が運営するウェブサイト SoftBank SELECTIONは、このほどスマートフォン利用者の電池や充電にまつわる意識・実態調査を行った。

SoftBank SELECTIONによる今回のインターネット調査は、8月6日(火)〜8日(木)の3日間、関東1都3県の20歳〜59歳の男女800人のスマートフォン利用者を対象に実施したもの。

「外出時にスマートフォンのバッテリーが切れた場合、我慢できる時間は?」の問いに対して「45分〜1時間未満」と回答した人が17.6%で最も多く、1時間未満と答えた割合は全体の41.2%に及んだ。

また、「外出時にスマートフォンのバッテリー残量がどれぐらいになったら不安を感じ始めるか?」の問いに対しては、「41〜50%」の回答が最も多く21.6%、次いで「31〜40%」が18.0%だった。その一方で、「51〜60%」15.5%、「61〜70%」9.6%など、51〜100%での残量で不安になるとの回答が合わせて33.8%と、全体の3分の1以上も存在することがわかった。

さらに、外出時にバッテリーが切れることへの恐怖感については、「とても感じる」「どちらかというと感じる」など、恐怖心を抱くと回答した人が全体の77.9%を占めた。その怖さについてたとえてもらったところ、「財布を無くす」が33.3%でトップ。また、女性400人に限定した回答の中には「人気のない夜道を歩く(36.5%)」「家でゴキブリなど虫が出る(27.3%)」などの声もあった。