写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本新潟支社は、今年秋のダイヤ改正で特急「いなほ」に投入される特急用車両E653系に関して、9月28日の定期運行開始を前に臨時運転と車両展示会を行うと発表した。

臨時運転は9月14日、新潟〜酒田間にて実施。全席指定の団体臨時列車「E653系羽越線デビュー号」として、新潟駅11時15分発、酒田駅14時36分着の往路と、酒田駅17時05分発、新潟駅19時17分着の復路の1往復が設定されている。

これに合わせて、往復のJRと特製弁当、記念品(オリジナル手ぬぐいと乗車記念証)をセットにした日帰りパックも発売。旅行代金は、新潟発・酒田発ともに大人7,800円、小児5,000円(2名以上での参加の場合)。いずれのコースも、「E653系羽越線デビュー号」と特急「いなほ」で、新潟〜酒田間を往復する設定となっている。

車両展示会は、9月21日13時21分頃から14時10分頃まで新潟駅1番線ホームにて、9月22日10時22分頃から11時30分頃まで酒田駅2番線ホームにて、それぞれ実施。車内に立ち入っての見学も可能で、各車両ドア脇にラッピングされる沿線のご当地キャラクターも登場予定。車両展示会に合わせ、新潟駅ではE653系特製掛紙付弁当や鉄道グッズが販売され、酒田駅では地元自治体による特産品の振る舞いが行われるとのこと。

なお、9月23日には秋田駅でも車両展示会が行われる予定だ。

(佐々木康弘)