昨年の賞金王・藤田寛之、故郷の大会でゴルフを立て直し再起を図る(撮影:上山敬太)

写真拡大

<VanaH杯KBCオーガスタ 事前情報◇28日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,150ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」が29日(木)から4日間、福岡県の芥屋ゴルフ倶楽部を舞台に開催される。前週の「関西オープン」を欠場した昨季の賞金王、藤田寛之が故郷で開催されるこの試合で約1ヵ月半ぶりに国内ツアーに復帰する。
藤田寛之がジュニアを熱血指導!未来のスクール構想も
 今年は4大メジャーすべてに出場するも、予選を突破できず賞金ランクもここまで15位とケガなどの影響もあり不振が続いている藤田。「全米プロ」から帰国後は「トレーニングばかりしていました」と球を打つよりも体力アップや身体の使い方などをメインに調整。「前半の不調をリセットする意味でもトレーニングは大事だし嘘をつかない。ゴルフはこっちにきてから調整するしかないと思ってました。前半戦はいいプレーができなかったので、まずは後半戦は立て直しと優勝争いをしていきたい」と抱負を話した。
 国内男子ツアーで唯一高麗グリーンで行われる今大会、例年芝目に苦しめられる選手も多いが「スピードが出ててキレイですね。短く刈られているので芝目も強くない」と今年はグリーンの状態が良好。「ここ数年フィーリングが出せなくて苦戦しましたが、今年は勝負できそうです」。海外ツアー出場が終わり、これから国内ツアーに集中する藤田。予選ラウンドは池田勇太、小平智と同組に。初日は10番ティより8時5分にスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>