写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イーコンテクストはこのほど、エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)の「ドコモ口座」への入金方法として、ドコモに対するコンビニ決済サービスの提供を開始した。

ドコモ口座は、ドコモのスマートフォン・携帯電話から、利用回線(電話番号)に紐づく口座にお金をチャージすることで、ネットショッピングなどの支払いや送金を行うプリペイド型電子マネーサービス。利用者は、携帯電話を使って即時に口座を開設でき、買い物の支払いやドコモユーザへの送金、携帯電話利用料金の充当などに利用することが可能となっている。

イーコンテクストの決済サービスは、イーコンテクストとの契約だけで、コンビニ決済のみならず、クレジットカード(国際5ブランド)、各種電子マネー・ポイント(楽天Edy、Suica、iD、永久不滅ポイント)、銀行決済(各種ネットバンク、Pay-easy、ゆうちょ銀行)、PayPalなど、Eコマースに必要な決済の一括導入・利用が行えるサービス。

これまでドコモ口座への入金は、Pay-easy(ペイジー)対応のインターネットバンキング・ATM、および一部コンビニにて受け付けていたが、今回、イーコンテクストのコンビニ決済サービスの提供が開始されたことで、全国での入金拠点が拡充され、ユーザの利便性が向上したという。対象店舗は、主要コンビニ7社、約4万6,000店舗(2013年6月現在)。

イーコンテクストは、今後も決済メニューの機能強化を図り、「ドコモをはじめとした大規模事業者から、中小EC事業者まで事業者のニーズに応じた、より利便性の高い快適な決済プラットフォームの提供」に取り組んでいくとしている。

イーコンテクストは、デジタルガレージグループでオンライン決済事業を担うecontext ASIA Limited(香港)の子会社。Eコマース事業者向けセキュリティ診断サービス「リスクサーチ」、カカクコムの「価格.com 安心支払い」の決済サービスなどを運営しているほか、資金移動業者として送金サービス「CASH POST」も運営している。

(御木本千春)