写真提供:マイナビニュース

写真拡大

近畿日本鉄道と伊勢市、鳥羽市、志摩市、三重県は9月28〜29日、地域の新鮮な食材などを伊勢志摩から大阪上本町駅まで運び、同駅構内でそのまま販売する「伊勢・鳥羽・志摩 うまいもん列車」を2日間限定で運行する。あわせて10月5日から運行開始する観光列車「つどい」の一般公開も実施する。

「うまいもん列車」は4両編成で、賢島駅発。大阪側から1両目が「志摩号」、2両目が「鳥羽号」、3両目が「伊勢号」、4両目が「三重号」となり、大阪上本町駅到着後、11時30分頃から15時30分頃まで車内で特産品の販売を行う。おみやげ用伊勢うどん(伊勢市)、国崎あわびめしの素(鳥羽市)、さざえ(志摩市)、伊勢なぎさの神話バウム(三重県)など、各地から選りすぐりの名物が集まる予定だ。

大阪上本町駅では、8番ホームの大阪側に「うまいもん列車」、賢島側に観光列車「つどい」が停車。「つどい」の一般公開は、9月28〜29日の正午頃から15時頃までの予定で、車内を自由に見学できる(「こども運転台」は使用不可)とのこと。

(佐々木康弘)