親日家のヒューが“日本凱旋”、「ウルヴァリン」のプロモで来日。

写真拡大

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」で過激なアクション・ヒーロー“ウルヴァリン”を演じるヒュー・ジャックマンが8月27日、本作のプロモーションのため来日。成田空港では到着ロビーから溢れんばかりの800人以上のファンが出迎えた。

この日、到着ロビーには小さな子どもから、男性の姿も見受けられ、遠くは香川県から駆け付けたファンの姿もあった。入り口の扉が開くたびに歓声とため息を交えながら到着を待ちわびている中、ようやくヒューが姿を現すと「ヒュー!」「I LOVE YOU!」「おかえりなさい!」と悲鳴にも似た黄色い歓声。同時にカメラのフラッシュが一斉にたかれ、眩く輝く光の中、この作品の舞台である“日本”への凱旋を果たした。

中には、彼の登場に感極まり、泣き出すファンも。集まったファンに丁寧に握手やサイン、記念撮影に応じるヒューの姿は、彼が愛されている理由でもある優しい人柄が溢れ出る光景となった。

前回の来日から9か月ぶりの来日となった彼は「私は日本に来れてとてもうれしいです。」と日本語でコメント。続いて日本のファンに向けたメッセージでは「日本ハロー!いつもエキサイティングな歓迎をありがとうございます。日本は世界でも一番好きな国の一つです。今回は2日間の滞在だけど、もう少し長く居ることが出来ればよかったです。もうすぐみんな会えるので待って下さいね!」と、親日家としての一面も覗かせた。何より彼自身のリラックスした表情が、日本に戻って来たうれしさを物語っていたと言えそうだ。

なお、ヒューは8月28日にジャパン・プレミアに登壇。29日に来日記者会見を行う。

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」は9月13日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー。