本山なみが映画初主演にしてフルヌードに挑戦!/[c]きづきあきら+サトウナンキ/白泉社・バップ

写真拡大

先日、1stイメージDVD「Limit Break」を発売するなど勢いに乗っているグラビアアイドル・本山なみ。9月5日(木)には、大胆ショット満載の写真集「PRIVATE ROOM」の発売も控える彼女が、体当たりのフルヌードに挑戦したのが初主演作『うそつきパラドクス』(9月7日公開)だ。このたび、劇中で本山が披露した露出ギリギリの過激画像を独占入手した。

【写真を見る】グラビアアイドル・本山なみの濃密なラブシーン画像はこちら!

本作の原作は、切ない恋模様と過激な描写が多くの読者に支持され、累計40万部以上を売り上げた同名コミック。映画版で本山は、癒し系巨乳美女として人気のヒロイン・栖佑日菜子に扮する。158センチと若干小柄ながら、B84・W59・H84の肉感ボディを持つ本山は、栖佑を演じるのに申し分なしのプロポーション。濃厚なラブシーンも演じているとあって、公開前から大きな注目を集めている。

今回解禁されたのは、そんな彼女が“代用品”の彼氏と激しく愛し合う画像の数々。第17回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞受賞を受賞したイケメン俳優・真山明大との濃厚なラブシーンには、美しくも悲しい雰囲気が漂っている。さらに、ソファで下着を脱ぎ、恍惚とした表情を浮かべるカットや、オフィスラブを予感させる秘蔵ショットも合わせて公開された。

昨年芸能界デビューしたとは思えないほど、肝の据わった熱演を披露している期待の新人女優・本山なみ。ちなみに、この彼女の迫真の艶技を引き出した吉田浩太は、『ユリ子のアロマ』(10)など国際映画祭でも高い評価を得ている若手実力派監督だ。鮮烈なヌードシーンに挑戦した彼女の姿を、ぜひ劇場で確認してほしい。【トライワークス】