今回お届けするのは、音楽界の若き新生の読書体験! 去る6月26日にミニアルバム『instant fantasy』でメジャーデビューを果たした、シンガーソングライターの黒沼英之さんです。子どもの頃から本の虫、本好きが高じて図書館でのアルバイトまで経験したという黒沼さんに、好きな本の話をたっぷりうかがいます。

「図書館でアルバイトをしていたのは、大学を卒業してすぐの1年間。コンビニでもよかったんですが、どうせなら自分の好きなことに関する仕事ができたらいいなって。僕が担当していたのは、カウンターでの本の貸し出しではなく、図書館にどんな本を入れるかを考える集書という仕事の補佐でした。常に本がたくさんある中で働いているので、今まで気付かなかったような本との出会いもあります。それに、背表紙がずらっと並んでいるのを見ているうちに、だんだんと背表紙の文字のフォントや色などの雰囲気から、これは絶対に面白い!と判別できる勘も身についてきて。図書館でのアルバイトによって、本に対する嗅覚のようなものが研ぎ澄まされた感じはしますね」

 そんな嗅覚の働きによって出会った素敵な一冊は、こんな本。

「写真家の田村直子さんによる、フランスの精神病院内を撮影した写真集『ソローニュの森(シリーズ ケアをひらく)』。医学書院から出ているもので、普通の本屋さんなら看護や医学系の棚に並んでいるのではないかと思います。ただこの本は難しい医学書のようなものではなく、精神病院というあまり触れることのない場所、そして患者さんの表情がリアルに写真の中に収められていて、短い文章でその時にあった出来事が綴られています。目を背けず、遠ざけず、向き合ってみよう。そんな気持ちにさせてくれました。図書館で働いていたからこその出会いというか、ジャンルを無視した並びの中でなければ、なかなか見つけられないような本だったと思います」

 ところで黒沼さん、図書館でアルバイトするほど本が好きになったのはなぜですか?

「母親がとても本好きで、実家は棚中本だらけ。そんな母が子どもの頃に勧めてくれた一冊が、読書に目覚めたきっかけです。よしもとばななさんの『TSUGUMI』。僕が生まれた年に出版された本なのでリアルタイムではありませんが、すごく夢中になりました。表紙の山本容子さんの絵も美しくて......。ファンタジーではあるけれど、こんな人が今もどこかで暮らしていたらいいな、こういう時につぐみならどうするかなって、つい思ってしまうような。本当に彼女がそこにいるかのような気持ちにさせてくれる、存在感が立ち上がってくるような感じが好きですね。それからよしもとさんの本は色々読んでいます。『キッチン』『デッドエンドの思い出』......好きな本はいくらでもあります」

 黒沼さんが愛してやまないよしもとばななさんの本、今回のミニアルバム『instant fantasy』にも関わりがあるのだとか。

「実はこの『instant fantasy』というタイトルをつけるきっかけになったのが、よしもとさんの本のあとがきでした。『はじめての文学』という、初めて文学に触れる若者のために作家の方々がそれぞれに自分の短編を自薦して集めたシリーズ、CDでいうベスト盤のような本がありまして。そのよしもとさん版『はじめての文学 よしもとばなな』の中で、よしもとさんがこんな趣旨のことを書いていたんです。"自分が書く話はほとんどがファンタジーや寓話で、時には現実はそんなに甘くないと批判されたりもする。だけれども私は、世知辛い世の中をなんとか生き抜いていく人たちの背中を押せるような、言葉の魔法を作っていきたい"って(黒沼さんによる要約です)。この言葉にすごくグッときて、アルバムに"ファンタジー"というタイトルを付けようと思い立ちました。ファンタジーって結局のところは幻、幻想なので"終わり"が前提にあるんですよね。だから、柔らかかったり、優しかったり、勇気づけてくれる物語であったとしても、決して手放しでなんでも大丈夫なんだよって言っているわけじゃない。終わりであったり、死であったり、そういうことをちゃんと前提として意識しているのがよしもとさんのファンタジーだと思うし、だからこそ信頼できるんですよね」

後編では、『instant fantasy』のジャケットで黒沼さんが読んでいる本の正体が明かされます。お楽しみに!

<プロフィール>
黒沼英之(くろぬま・ひでゆき)
1989年生まれ。シンガーソングライター。立教大学映像身体学科卒業。15歳の頃から曲作りを始め、大学進学後本格的に音楽活動をスタート。ピアノの弾き語り、バンドスタイルなどで、都内でライブ活動を行う。2012年11月13日には渋谷WWWにて初のワンマンライブを開催し、チケットはSOLD OUT。また、フィンランド・ヘルシンキで年2回発行のファッション&アート誌「SSAW MAGAZINE」にて唯一の日本人モデルとして誌面に登場。2013年6月26日にメジャーデビューミニアルバム『instant fantasy』をリリース。




『偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法 角川SSC新書』
 著者:杉山 奈津子
 出版社:角川マガジンズ
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
アノヒトの読書遍歴 谷津矢車さん(後編)
アノヒトの読書遍歴 谷津矢車さん(前編)
アノヒトの読書遍歴 西谷弘さん(後編)


■配信元
WEB本の雑誌