漫画家・水木しげる氏、戦後発表の全漫画媒体で新作掲載の偉業達成

写真拡大

水木しげるさん作品「ゲゲゲの鬼太郎」や「悪魔くん」などの作者で知られる漫画家・水木しげるさんが、27日、描き下ろし読み切り作品「河童の三平 家の神」を発表した。
掲載誌は水木さん初となるWEB漫画媒体で、小学館発行の無料WEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」。

【関連:うちの本棚―第十三回 火星年代記/水木しげる】

水木しげるさん作品


水木さんは戦後、紙芝居の時代から貸本、月刊誌、週刊誌と、どの漫画媒体においても常に第一線で活躍しつづけてきた。ただ、これまで描き下ろし作の掲載経験がなかったのが唯一“WEB漫画媒体”だけだった。
それが今回「やわらかスピリッツ」で描き下ろし作を発表したことで、“戦後発表された漫画媒体全てに執筆”という偉業を達成したことになる。

なお、今回の水木さん描き下ろしは「やわスピ祭り」の企画として行われたもの。水木しげるさんを筆頭に、ゆうきまさみさん、浅野いにおさんなどの人気作家陣が本誌のために描き下ろし作品を執筆、順次公開していくという内容になっている。

特設ページURL: http://yawaspi.com/yawafes2013/index.html