●犬無いところに煙は立たず

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© 2013 Shunsuke Sarai / PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC. / 犬ハサ製作委員会

<キャスト>
春海和人:櫻井孝宏
夏野霧姫:井上麻里奈
春海円香:阿澄佳奈
柊鈴菜:伊藤静
大澤映見:加隈亜衣
秋月マキシ:芹澤優
犬飼潔:羽多野渉
本田桜:内田真礼
本田弥生:五十嵐裕美
本田文夫:大川透
森部佐茅:斎藤千和
住谷夕樹:井口裕香

●ストーリー
「読まずに死ねるか!」…

生き返ると、俺は犬になっていた…。
読者犬×ドS作家が繰り広げるミステリ系不条理コメディ!

ある日突然、強盗に殺された春海和人(はるみかずひと)。
だが本バカゆえの執念で奇跡の生還を果たした。
――ダックスフンドの姿で。
「こんな姿じゃ本読めないじゃん!!」
悶える彼の前に現れたのは、ハサミが凶器のサド女、夏野霧姫(なつのきりひめ)。
でも、犬である和人の声が分かるし、
しかもその正体は彼が大ファンの作家。
そんな犬生(人生?)、いったいどうなるの!?
●本を読む
春海和人「部屋が荒らされている!」
夏野霧姫「何処が?」


どうやら本が1冊増えている様子!確かにパッと見ただけでは分からないですが…。

※荒らされたとしたら普通は本が減りますね!

しかもその増えた本は本日購入してきた本と同じ物。

とりあえず、2人ともその本を読んでみる!
●藤巻蛍の正体
春海和人、夏野霧姫の読書姿にときめいて飛び付くも、無意識に撥ね返される!

それはともかく、今読んでいた「蛍星恋話」の作者である藤巻蛍は新人作家とは思えないレベル。しかも秋山忍(夏野霧姫)の作風と極めて酷似!

その藤巻蛍をインターネットで調べてみるも、正体不明の覆面作家!そこで柊鈴菜に調査を依頼するも…。

藤巻蛍は女子高生作家という事が判明!しかも大澤愁山の娘。

そこで、夏野霧姫はアポ無し取材を敢行!
●藤巻蛍を追って
藤巻蛍の住所は春海和人が生前(犬になる前に)通っていた高校のある駅周辺の様子。

春海和人「受験よりもお前の本の方が大事だからな!」

この言葉に一瞬、夏野霧姫はときめくも、

「お前の本の方が大事」


春海和人は作者本人よりも本が大事という事が分かると、

夏野霧姫、迷わずお仕置きプレイ炸裂!

ショートカットに入ると、前回の温泉回でも出没したストーカーの集団が!

夏野霧姫、犬キャノンで一瞬のうちに全滅!

そして、現れたのは…。大澤愁山!
●そして辿り着いたところは
有名作家、大澤愁山ですが彼が緊縛プレイがお好き!

※警備会社の社長と友達だったため警備システムを解除して侵入したとのことです。

そもそも本を置くために回りくどい方法(郵送すれば良いだけなのに)を採用したのは、

大澤愁山「お前に渡したくなかったからだ!」

その後、必死に娘を庇う大澤愁山ですが…。娘・大澤映見に直接会う事に!

そこで深夜にやってきたのは春海和人が通っていた高校。

※高校の校舎の警備システムは作動しないのでしょうか?

春海和人が図書室で昔の文集を見付けると、

大澤映見「やっぱり和人君なんだね!」

※彼女は夜中の図書室で何をしていたんでしょうか?

突っ込みどころが多過ぎて逆に違和感が無くなっているアブノーマルなアニメ!「犬とハサミは使いよう」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第8話「超温泉回」(ネタばれ注意)
【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第7話「ブラジャー探険隊」(ネタばれ注意)
【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第6話「杞憂」(ネタばれ注意)
【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第5話「鮪喰(マグロイーター)」(ネタばれ注意)
【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第4話「夏野霧姫VS春海円香」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「犬とハサミは使いよう」TVアニメ公式Webサイト
「犬とハサミは使いよう」AT-X公式Webサイト