ソダーバーグ監督人気No.1作品『エリン・ブロコビッチ』がスクリーンで特別上映決定!/ (C) 2012 Happy Pill Productions.

写真拡大

26歳の時に『セックスと嘘とビデオテープ』(89)で史上最年少パルム・ドールを受賞し、37歳の時には『トラフィック』(01)『エリン・ブロコビッチ』(00)でアカデミーW賞受賞を果たしたスティーヴン・ソダーバーグ監督。50歳を迎えたソダーバーグ監督は、今後もドラマなどの製作予定はあるものの、映画とは距離を置きたいと発言し、『サイド・エフェクト』(9月6日公開)で映画業界からの引退を表明していた。

【写真を見る】巨匠スティーヴン・ソダーバーグ監督の最後の劇場作品『サイド・エフェクト』は9月6日(金)より全国公開

ソダーバーグ監督は、日本のファンへ向けて次のようにコメントしている。「『サイド・エフェクト』は現代社会問題をしっかりと描き、それをトロイの木馬のごとくスリラーをその中に隠しているのが最高におもしろいんだ。ジュードの何かに憑りつかれたような演技も、ルーニーの目の奥で多くの事を語るような佇まいも最高にすばらしい。(来月からの)ドラマの撮影が無ければ日本に行きたかったんだ。今まで本当に楽しかった、ありがとう。また戻って来れるかわからないけど、忍耐強く待っててね」

引退を迎えるソダーバーグ監督作品の中で、ファンが選んだスクリーンでもう一度見たい作品は、1位『エリン・ブロコビッチ』、2位『トラフィック』、3位『オーシャンズ11』という彼の歴史を物語るにふさわしい結果に。投票で見事No.1に選ばれた『エリン・ブロコビッチ』は特別に劇場上映されることが決定し、9月3日(火)18時よりお台場シネマメディアージュで上映される。【Movie Walker】