スターゼン千葉工場を見学する親子

写真拡大

小学生の親子が大きく口を開けて、おいしそうにかぶりついているのは、「スーパービックリマック」や「エビーフバーガー」といった個性的な名前のハンバーガー。これらは小学生が自分で考えて作った「世界に1つだけの」オリジナルメニューだ。

夏休みが終盤に差し掛かった2013年8月24・25日の2日間、日本マクドナルドは、ハンバーガー作り体験や工場見学を通じて、ハンバーガーや食育などについて学ぶイベント「夏の自由研究!親子でおいしい特別合宿」を開いた。同社では初となる1泊2日の合宿形式のイベントで、小学3〜6年生の30組60人の親子が参加した。

ビーフパティ工場を親子で見学

この取り組みは「おいしい笑顔プロジェクト」"ハンバーガースクール"第1弾。合宿で体験したことをまとめると、夏休みの宿題の「自由研究」にもなるというもの。最終日に壁新聞として完成させるのを目標に、子供たちは「取材ノート」を手にハンバーガーができるまでの秘密などを調べてまわった。

初日は、ビーフパティを生産するスターゼン千葉工場と、チーズのエムケーチーズ綾瀬工場の2チームに分かれて見学した。見学に同行したスターゼン千葉工場では、見学時にキャップや白衣に着替える必要があり、「すごい厳重!」と男の子が驚きの声をあげていた。工場内に入ると、冷凍牛肉が次々に解凍され、細挽きした肉が丸く成型されていく様子に、親子ともに目を丸くしていた。

2日目は東京の新宿区にあるマクドナルドの新メニュー開発などが行われる施設「マクドナルドキッチンスタジオ」へ。できたてを提供する「メイド・フォー・ユー」を体験するため、施設内に用意された実際の店舗と同じキッチンに入り、クルーの指導を受けながら、子供たちはハンバーガーづくりに挑戦。たどたどしい手つきながら、真剣な眼差しで具材を挟み込んでいた。

また、ドナルドの指導による「親子で食育チャレンジ」のコーナーもあり、体に必要な栄養素の種類について学んだほか、「夢のオリジナルハンバーガー」づくりでは、食育チャレンジで学んだことをベースに、親子でオリジナルハンバーガーを考え出し、試食もした。

そして最後に、これまでに記録してきた「取材ノート」のメモをもとに壁新聞づくりに取り掛かり、親子で2日間の思い出を振り返りながらペンを走らせていた。ハンバーガーの写真や工場内での製造工程写真を壁新聞に張り付け、壁新聞が完成すると、満足そうな笑顔で親子で見つめ合う姿も見られた。

「『生きる力そのもの』の大切さを伝えたい」

日本マクドナルドでは、これまでにも食育支援の一環として、2009年と2010年には日帰りの親子での工場見学を実施し、キッチンスタジオでの親子イベントを行ってきた。今回、同社初の合宿型にしたのは、「夏休みの時期を活用して普段できないような体験をしていただきたいと思い、好評だった2つのイベントをセットにしました」と、コーポレートリレーション本部CSR部マネージャーの川口明美さんは話す。遠いところでは北は宮城、南は福岡から集まり、終始にぎやかに過ごしていた。

小学5年生の娘、知穂さんと一緒に参加した東京・世田谷区の増田光宏さんは、「食育について、実体験として身に着けられる良いイベント。娘はチーズバーガー作りを体験したのですが、本格的な設備で働く体験ができるなかなかない機会です」とうれしそうに話した。

2日間のイベントを終えて子どもたちを見送った川口さんは、

「食べることを通じて親子の仲がより親密になっていただけたのではないかと思います。親御さんが自由研究の手伝いをしていたり、お子さんが作ったハンバーガーを食べて、『おいしかった!心が温かかった』と言っていただいて、そういう瞬間が見られてよかった。そこに意義を感じています。また、来年もさらに進化したプログラムを用意し、実施したいと思います」

と笑顔で振り返った。

夏合宿が第1弾となった「おいしい笑顔プロジェクト」は、家族との絆など食育だけにとどまらず、「家族とのコミュニケーションを活発にしたい」という考えで、「おいしく食べるとみんなが笑顔になる」がコンセプトのCSR活動。

今後は、初となる「敬老の日」イベントとして三世代による「メイド・フォー・ユー」の体験イベント(8月27日現在、HP上で参加者を募集中)のほか、「勤労感謝の日」や「クリスマス」にも活動を行う予定だ。

同社では食育支援のほかにも、学童野球・少年サッカーなどの支援も行っているが、根底にあるのは「しっかり食べること、しっかり体を動かすこと、これら『生きる力そのもの』の大切さを伝えたいという願い」であり、「未来を担う子供たちの健全な育成の支援をしていきたい」という。

「何より大切なことは継続することで、一過性のものにしてはいけない。いかに継続できるかを念頭に置きながら、お客様に満足していただけるプログラムを開発し、より多くの方が参加できる方法で展開してきたいです」(川口さん)