写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本航空(JAL)は2013年秋から、ホノルル線のサービスを一新する。その第一弾として、9月1日から機内食をリニューアル。スターシェフや人気レストランとのコラボレーションメニューの提供を開始する。

○ビジネスクラスは山田チカラシェフの特別メニュー

ビジネスクラスではJAL空の上のレストラン「BEDD」の山田チカラシェフが、ホノルル線のために考案したスペシャルメニュー“BEDD for Resort”を提供する。

9月からの和食は旬の秋鮭と豚肉の生姜焼きの両方が一度に楽しめるメニュー、洋食はマディラ酒にトリュフを加えたソースペリグーを合わせた国産牛ヒレ肉のステーキが楽しめる。

対象路線は、成田・中部・関西発ホノルル線。羽田発ホノルル線では、シチリア産ブラッドオレンジジュースなどが付く朝食「爽朝食(そうちょうしょく)」を提供する。

○エコノミーではコラボメニュー「俺の機内食」

エコノミークラスでは、「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」とのコラボレーションメニュー “俺の機内食 for Resort” を提供する。

9月〜11月は、能勢シェフ(フレンチ)監修による「俺のビーフストロガノフ」、サイドディッシュとデザートには山浦シェフ(イタリアン)が監修した「俺の前菜」「俺のサラダ トリュフオイルドレッシング」「俺のスイーツ“ティラミス”」を用意。対象路線は、成田・中部・関西発便。

羽田発便では、ハワイのハンバーガーショップ「クア・アイナ」とのコラボレーションメニュー“クア・アイナ for Resort”を、到着前の朝食に提供する。

(フォルサ)