写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都江東区の日本科学未来館は9月14日〜23日、「中秋の名月 未来館でお月見!2013」を開催する。

○「月」にまつわる科学の話題が学べる

毎年恒例となった同イベントでは、期間中、シンボル展示「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」や「4次元デジタル宇宙シアター(4D2Uシアター)」を用いた、月に関する実演を行う。

さらに、中秋の名月に近い9月21日には開館時間を20時まで延長(通常17時)。通常開館時には見ることのできない、暗闇に浮かぶGeo-Cosmosの姿が観覧できる。また、ドームシアターガイアでのプラネタリウム作品追加上映や、月にまつわる話を科学とともに楽しめる特別実演などのイベントも実施する。

「The Moon on Geo-Cosmos」は、直径約6m、有機ELパネルを10,362枚貼り込んだシンボル展示「Geo-Cosmos」に、月周回衛星「かぐや」が捉えた月の表面データを特別に映し出す、未来館オリジナルの昼間の「お月見」。

時間は毎時00分、25分(各回約5分)。9月21日は、17時までは上記の通り。17時〜19時40分は毎時00分、40分に実施。場所は館内1階シンボルゾーン、3階常設展示フロアGeo-Cosmos前、5階常設展示フロアGeo-Cosmos前。

特別夜間開館「大人のナイトミュージアム」は、閉館時間が20時まで延長される9月21日のみのイベント。通常は眺めることができない夜のGeo-Cosmosを観覧でき、日没後のGeo-Cosmosに映し出される地球の姿は、まるで宇宙空間に浮かぶ地球を眺めるようだという。

また、立体視プラネタリウム番組の追加上映や、科学コミュニケーターによる特別実演も開催。地球、月、星空を客観的な視点で捉えながら、私たちの住む地球について、改めて見つめ直す特別イベントとなる。

日時は9月21日20時まで(最終発券19時30分)。場所は1階シンボルゾーン、3階常設展示フロア(入口ゲート付近からGeo-Cosmos前付近の間のみ)、オーバルブリッジ、6階ドームシアターガイア。なお、1階Miraikan Shop、1階ロッテリア、5階カフェも20時まで営業を延長。3階・5階の常設展示、および企画展「サンダーバード博」は17時で終了となる。入館料は通常開館時と同様で、通常開館時のチケットでそのまま閉館まで在館できる。

また、立体視プラネタリウム作品「バースデイ〜宇宙とわたしをつなぐもの〜」を、通常開館時間の上映とは別に追加上映。時間は17時〜、18時〜、19時〜。場所は6階ドームシアターガイア。ドームシアター予約券は16時15分以降、6階にて配布。

○さまざまなプログラムを実演

月ツアー「Dark side of the Moon」は、地球からは見ることができない月の裏側を、月の姿に変身したGeo-Cosmosの周りを歩きながら、月の表も裏も科学コミュニケーターがガイドする「お月見」ツアー。時間は土日祝日の12時〜12時15分。定員20名。場所は館内オーバルブリッジ(常設展示フロア3階と5階をつなぐ回廊)。参加は3階Geo-Cosmos前にて、10分前より先着順にて受付。定員に満たない場合でも11時55分に受付を締め切る。

VRシアター「4D2U−中秋の名月−」は、天体や天体現象を空間3次元と時間1次元の4次元で可視化する「4次元デジタル宇宙シアター(4D2Uシアター)」を用いて行われる、期間限定の特別実演。

テーマは「光」で、どんなに暗い夜でも隣にいる人の表情がはっきりと見えるほど明るい満月の光の強さや色を知り、人間が月明かりをどのように感じてきたのかに触れるプログラムとなる。太陽系内の惑星と衛星や、銀河系内外の天体を見ながら、広い宇宙空間を満たす光にも思いを馳せる。

時間は平日13時20分〜、土日祝日13時20分〜、15時20分〜。場所は5階常設展示フロア内 VRシアター。定員各回25名。参加は5Fインフォメーションカウンターにて、当日先着順で予約券を配布する。

「Geo-Cosmos 特別ミニコラム」は、Geo-Cosmosに月を映し出し、科学コミュニケーターが月にまつわる科学の話題を伝えるプログラム。時間は11時25分〜、13時25分〜、15時25分〜(各回約5分)。場所は1階シンボルゾーン、3階・5階常設展示フロアGeo-Cosmos前、オーバルブリッジ。

特別実演「Reading night by the moon」は、Geo-Cosmosに投影された月を眺め、ギリシャ神話、漢詩、和歌など、「月」をテーマに過去から現在まで時間と世界を旅する特別実演。時間は18時〜、18時40分〜(各回約10分)。場所は1階シンボルゾーン、3階常設展示フロアGeo-Cosmos前、オーバルブリッジドームシアター追加上映。

イベント開催期間は9月14日〜23日(17日は休館日)。場所は東京都江東区青海2-3-6 日本科学未来館。開館時間は10時〜17時(21日は20時、入館は閉館時間30分前まで)。入館料は大人600円、18歳以下200円、未就学児は無料。土曜日は18歳以下無料。「敬老の日」の9月16日は65歳以上無料。詳細は「日本科学未来館公式ページ」を参照のこと。

(エボル)