マンガ版「涼宮ハルヒ」完結へ、2005年から続く約8年間の連載に幕。

写真拡大

2005年より「月刊少年エース」(角川書店)に連載されているマンガ版「涼宮ハルヒの憂鬱」(原作:谷川流、画:ツガノガク、キャラクター原案:いとうのいぢ)が、9月26日発売の同誌11月号をもって連載終了となることがわかった。

これは現在発売中の10月号巻末の著者コメント欄に、ツガノのコメントとして「次回最終回です!最後までがんばります!」と告知しているもの。また、連載ページでも「次号、クライマックス!!」と予告している。

「涼宮ハルヒの憂鬱」は、谷川流のライトノベルが原作。2006年と2009年にアニメ化され、2010年には劇場版「涼宮ハルヒの消失」が公開された。コミックは19巻(今年6月発売)まで刊行されている。