菅田将暉と芥川賞作家・田中慎弥が舞台挨拶に登壇

写真拡大

田中慎弥の第146回芥川賞受賞作の同名小説を、『東京公園』(11)の青山真治が映画化した『共喰い』(9月7日公開)。本作が第66回ロカルノ国際映画祭で「YOUTH JURY AWARD最優秀作品賞」と「ボッカリーノ賞最優秀監督賞」をダブル受賞した。8月26日に、受賞後初となる本作のプレミア上映会が開催され、菅田将暉、篠原友希子、光石研、青山真治監督、原作者の田中慎弥が登壇。主演を務めた菅田は「胸を張って転機だと言える作品です」と熱く語った。

【写真を見る】大胆な濡れ場にトライした篠原友希子

『東京公園』(11)の時にロカルノ国際映画祭の金豹賞審査員特別賞を受賞した青山監督は、「あの時はコネみたいな感じですから。今回は学生さんと、ベテランの方々の双方から褒めていただき、大変うれしく思っています」と喜びを口にした。菅田も開催地のスイスがとても気に入ったようで「その土地の言葉で舞台挨拶をし、とても歓迎してもらいました。また、来たいなと思いました」と嬉しそうにコメント。

ゲストのなかで、実は一番いじられていたのは、原作者の田中だった。光石が「『(芥川賞を)もらっといてやる』発言で一世を風靡された先生。怖いんじゃないかと思っていたが、一緒に笑顔で写メを撮ってもらった。それを人に見せたら『この人、笑うの?』とみんなに言われました」と言うと、田中は苦笑い。一緒に田中と食事をした菅田も「あの決め言葉、『あれは狙いですか?』と聞いたら、『分析しないでくれ』と言われました(笑)」と発言。また、田中自身も「昨夜、AKB48を東京ドームで見ました。今日は日本のダークな頂点をご堪能ください」とお茶目に本作をアピールし、笑いを取った。

最後に、菅田が舞台挨拶をこう締めくくった。「個人的に、すごく運命的な物を感じる作品です。公開日の9月7日は、デビュー作『仮面ライダーW』の初めてのオンエアの日でした。10代最後の夏、全身全霊込めて演じました」。

『共喰い』は、昭和最後の夏の山口県下関市を舞台に、17歳の男子高校生と、暴力的な性癖を持つ父との濃密な血と性を描く野心作。映画には、小説にないオリジナルのエンディングが用意された。【取材・文/山崎伸子】