『フィルス』 ©2013 Lithium Picture Limited.

写真拡大

アーヴィン・ウェルシュ原作の映画『フィルス』が、11月16日から東京・渋谷のシネマライズほかで公開される。

【もっと写真を見る】

同作は、映画化もされた『トレインスポッティング』『アシッドハウス』などの作品で知られるウェルシュの同名小説をもとにした作品。同僚や友人を陥れるための裏工作と残業の不正申告を特技とする卑劣な刑事ブルース・ロバートソンが、手柄をあげることを目指して日本人留学生殺人事件の捜査を通して、やがて自らの過去と向き合うことになっていく様子が、ポルノや売春、不倫、アルコールやコカイン中毒といった要素を交えて過激に描かれる。

キャストには、ダニー・ボイル監督の新作『トランス』にも出演しているジェームズ・マカヴォイをはじめ、ジェイミー・ベル、イモージェン・プーツ、ジム・ブロードベントらが名を連ねている。監督はジョン・S・ベアード、音楽は『ブラック・スワン』などで知られるクリント・マンセルが手掛けている。