ほぼ日手帳2014年版は過去最多95種 初日はロフトで展覧会も

写真拡大

 ロフト手帳部門9年連続1位の人気を誇る「ほぼ日手帳」の2014年版が、9月1日に発売される。ユーザーからのリクエストを受けて復活するディズニーシリーズや、 芸術家岡本太郎をはじめとしたアーティストとのコラボレーションなど、過去最高のカバー数全95種類を展開。発売初日からは、手で書くことを改めて見つめ直すことを目的とした「手で書く手帳展。」が渋谷ロフトで開催される。

ほぼ日手帳2014年度版は過去最多95種 の画像を拡大

 2014年版の「ほぼ日手帳」のテーマは「としのわたしは、たのしい。」。復活するディズニーシリーズは、秋山具義がディレクション。ミッキーとミニーの顔のシルエットを刺繍した「ミッキーマウス ステッチ」や「ミニーマウス ステッチ」、ユニークな「ミニーを探せ」の他、週間タイプの「WEEKS」にもディズニーシリーズが初登場する。また、絵本作家 荒井良二やコスチュームアーティスト ひびのこづえによる「森のクマ」など、アーティストとのコラボレーションカバーもラインナップ。岡本太郎とコラボレーションしたカバー「TARO /建設」は、高度経済成長期のまっただ中に創作されたエネルギッシュな作品を再現したプリントが、全体に用いられている。2014年版で4年目を迎える「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」とのコラボレーションカバーは、「、skyful」と「tambourine」の2種を展開する他、昨年に引き続き生地のかけらを集めてつくったカバー「piece,」が抽選販売される。

 発売初日から開催される「手で書く手帳展。」は、6階ロフトフォーラムを会場に、手書きの手帳やメモ、ノート、使い込まれたほぼ日手帳を展示。画家・横尾忠則さんの手書きツイートメモ、ブックデザイナー・祖父江慎さんが手掛けた「伝染るんです。/吉田戦車」の造本設計書、漫画家・松本大洋の手帳などが公開される予定だ。会期は9月10日まで。

■手で書く手帳展。
日時:2013年9月1日(日)〜10日(火)10:00〜21:00
場所:渋谷ロフト6階ロフトフォーラム(東京都渋谷区宇田川町 21-1)
入 場:無料