写真提供:マイナビニュース

写真拡大

浜松ジオラマファクトリーは9月11日〜16日、「第2回浜松ジオラマグランプリ」を開催する。

○最高峰のジオラマ作品を鑑賞できる

このイベントは、"情景作家"山田卓司(TVチャンピオン・プロモデラー選手権優勝5回)のジオラマ作品約50点を常設する同施設が開催。同期間を「ジオラマウィーク」と称し、「第2回浜松ジオラマグランプリ」「ハイスクール国際ジオラマグランプリ」「第1回ジオラマフォトコンテスト 入選作品展示」等の催しが行われる。

「第2回浜松ジオラマグランプリ」は、一次審査として日本の代表的な模型雑誌4誌の編集部による投票が行われ、選ばれた約60点の作品が会場に展示される(作品応募期間は終了)。本選では審査員の審査得点と一般市民の投票得点の合計によってグランプリが決定する。

開催場所は静岡県浜松市中区砂山町320-2 JR浜松駅前 遠鉄百貨店 I・KO・I SQUARE(イ・コ・イ スクエア)6F ギャラリー・ロゼ。開催期間は9月11日〜16日。一般投票期間は9月11日〜15日(百貨店営業時間10時〜19時30分)。最終審査結果発表・表彰式は9月16日。

また、会場では「第1回ジオラマフォトコンテスト」の入選作品も展示される。イベント期間終了後の17日からは、静岡県浜松市中区鍛冶町100-1 ザザシティ浜松 中央館3階の浜松ジオラマファクトリーでの展示となる(入場料500円)。

「ハイスクール国際ジオラマグランプリ エキシビション大会」は、「高校生の青春感動共有イベント」として全世界から参加チームと作品が集合。若い世代の「ものづくり」への興味関心を喚起し、独創性を競う。今回はエキシビション大会として、選抜された高校生チームの作品の展示・投票を行い、来年からの開催を目指す本大会のデモンストレーションとする。開催場所は静岡県浜松市中区鍛冶町100-1 ザザシティ浜松 中央館1階。開催期間は9月12日〜16日(施設営業時間10時〜20時)。

(エボル)