<ザ・バークレイズ 最終日◇25日◇リバティ・ナショナルGC(7,400ヤード・パー71)>
 FedExカッププレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」はトータル11アンダーまでスコアを伸ばしたアダム・スコット(オーストラリア)が優勝。首位と4打差を追いかけてスタートしたタイガー・ウッズ(米国)はトータル10アンダーで1打及ばず2位タイとなった。
ザ・バークレイズのリーダーズボード
 09年以来の年間王者へ緊急事態だ。2つスコアを伸ばして迎えた13番パー5。フェアウェイからのセカンドを放った瞬間ウッズがヒザから崩れ落ちた。ボールは大きく左に曲がり池に消えるも、その行方を追うことなく背中から腰に掛けての痛みでその場に四つん這いになってしまった。
 ウッズはこの大会前に首痛と腰痛を告白していたが、最終日土壇場の大事な場面で発症。終盤2つのバーディで盛り返し、最終ホールもあと少しでスコットに並ぶというところまでこぎつけたのはさすがと言えるが、残る3試合へ不穏な空気が流れた。
 ウッズは08年に左ヒザの怪我に耐えながら「全米オープン」を制したがその後長期の欠場を余儀なくされた。今後も慎重に経過を見守る必要がありそうだ。
【最終結果】
優勝:アダム・スコット(-11)
2位T:タイガー・ウッズ(-10)
2位T:グラハム・デラート(-10)
2位T:ジャスティン・ローズ(-10)
2位T:ゲーリー・ウッドランド(-10)
6位T:フィル・ミケルソン(-9)
6位T:D.A.ポインツ(-9)
6位T:ジム・フューリク(-9)
9位T:リッキー・ファウラー(-8)他3名
<ゴルフ情報ALBA.Net>