近ごろ、家電業界では、“ジェネリック医薬品”ならぬ“ジェネリック家電”が注目を集めている。有名メーカーの商品ではないけれど、必要な性能を持ち、値段はかなりリーズナブルだ。

 例えば、テレビなどのAV製品を得意としているオリオン電機。もともと、欧米にも拠点を持ち、海外向けの商品に力を入れていたメーカーで、近年は日本でも注目されるようになった。

 日本国内でオリオン電機製品の販売企画を担当するドウシシャの森田恭司さんは、こう説明する。

「テレビが人気で、寝室や子供部屋用に2台目、3台目として購入するお客さまが多いですね。最近は、ゲームをするのも大きい画面がよいと32型が売れています」

 オリオン電機の商品は、部品の共通化や不要な機能をつけないシンプル化をモットーにすることで、リーズナブルな価格を実現した。

「例えば、テレビの裏面にある端子の数です。大手メーカーのものだと4つの場合が多い。つまり、DVDプレーヤーやゲーム機を同時に4つまでつなげられるのですが、その数を2つにすることで、最低限の機能は保ちつつ、さらにお安くすることができました」(森田さん)

 日本向けの商品はタイの工場で生産しており、それも安く提供できる理由だ。

「タイに進出したのは約30年前。家電業界のなかでも早いほうだったので、大手メーカーのかたが見学に来たりすることもありました」(森田さん)

 ジェネリック家電を販売するメーカーには、異業種から参入した会社も多い。アイリスオーヤマもそのひとつ。もともと収納ケースなどのプラスチック用品を手掛けていたが、2005年からは家電も販売している。

「当初は単身者をターゲットに、コンパクトで使いやすく、お求めやすい価格の家電を販売していましたが、ここ2〜3年は“いかにお客さまの不満を解決できる商品を提案できるか”という考えのもと、“生活者目線のものづくり”にこだわっています。お客さまが“いいな、欲しいな”と思い、さらに“この価格なら買う”という2点がポイントです」(アイリスオーヤマ広報室・辻郁子さん)

 現在、大ヒットしている毛取りヘッドを採用したサイクロンクリーナーは、一般的なヘッドの商品と比べ、1.8倍の売れ行き。スティックタイプのクリーナーも、毛取りヘッド搭載商品が通常ヘッドのものに比べ2倍も売れている(いずれも同社比)。

 掃除機の性能はヘッドを付けない状態で測定される吸込仕事率が指針になっている。しかし、吸込仕事率が高いクリーナーでも、ヘッドを付けるとゴミを吸い取る能力が大幅に落ちることに不満を持つ人が多く、それを見事に解消して大ヒットとなった。

※女性セブン2013年9月5日号