就職難で公認会計士の受験が激減

ざっくり言うと

  • 公認会計士試験の受験者が、ピークだった22年度の6割程度まで減少している
  • 試験制度が改革され合格者が増加したものの、就職先が見つからないため
  • 関係者は合格者の質の低下を招きかねないと懸念している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング