タイムスクープ社が“入社式”、時空ジャーナリストが流行語大賞発表。

写真拡大

斬新なコンセプトで熱狂的ファンを持つ、NHKの人気ドキュメンタリードラマ風歴史教養番組「タイムスクープハンター」。その映画化作品となる「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」のイベントが8月25日に行われ、どこよりも早く“2013年流行語大賞”が発表された。

この日のイベントには、俳優の要潤、女優の夏帆、中尾浩之監督が登壇。本作は公式サイトで映画に登場するタイムスクープ社の社員を募集、入社試験を行い、このたび難関を潜り抜けて見事採用が決まった人たちを集めて入社式イベントが行われた。

イベント第1部の先輩社員からの仕事紹介では、沢嶋(要潤)、新人時空ジャーナリストの細野ヒカリ(夏帆)がタイムスクープ社での仕事ぶりや、会社の魅力を語り、映画の広報部員となる新入社員(一般客)にエール。さらに、未来を知っている時空ジャーナリストがどこよりも早く“2013年流行語大賞”ベスト5を発表し、見事第1位に輝いたのは2013年で活躍する俳優「要潤」だった。

第2部の新入社員からの質問コーナーでは、沢嶋と中尾監督がタイムスクープハンターに関するファンからの鋭い質問に回答。本作の魅力を余すところなく語った。

映画「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」は8月31日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。


☆どこよりも早い“2013年流行語大賞”ベスト5(“未来を知っている”タイムスクープ社発表)

第5位「じぇじぇじぇ」
第4位「今でしょ」
第3位「アベノミクス」
第2位「タイムスクープハンター」
第1位「要潤」