<CAT Ladies 最終日◇25日◇大箱根カントリークラブ(6,655ヤード・パー73)>
 国内女子ツアー「CATレディース」の最終日。雨で2度の中断となったこの日、風も強くなり多くの選手がスコアメイクに苦しんだ。その中で9バーディ・2ボギーの66をマークした2010、11年の賞金女王、アン・ソンジュ(韓国)がトータル15アンダーで逆転優勝。今季初勝利、ツアー通算12勝目を挙げた。

 アンは前半で4つスコアを伸ばし首位に立つと、後半でも10番から連続バーディを奪取し後続を引き離す。13番パー5ではボギーを叩いたが「今日はすごくアイアンショットが良かったです」と好調なショットを武器にその後2つのバーディを奪取。2位に3打差をつけ圧勝した。
 今年は序盤戦から調子が出ず、逆流性食道炎にかかるなど苦難の連続だったアン。「サロンパスカップ」の3連覇などのプレッシャーもあり、一時は「父親に“ゴルフを辞めたい”と言いました。ゴルフ場にも行きたくなくて…」とかなり精神的に追い込まれ、部屋で人知れず涙を流す日々をおくっていたという。しかし、それによるストレスが原因なのか父のビョンギルさんが体調を崩す事態に。病院へ行くのをためらう父に先週「私のゴルフをする姿を見たければ検査へ行って」と説得。父を安心させるためにも、好成績を残したかったところだが、見事この大会で1年ぶりの優勝をはたした。
 「優勝したので父の検査結果も良くなれば…」と優勝者インタビューで言葉を詰まらせながら話したアン。心配をかけた父に最高のプレゼントをした孝行娘、今後は「メジャーを意識してやりたい」とビッグタイトルを病床の父へ贈ってみせる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
辻、憧れの佐伯の前でナイスプレー!ハグに「嬉しかったです」
笠りつ子は4位タイで最終日へ「流れがくれば」
中部銀次郎から大堀裕次郎へ受け継がれるもの
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング