憧れの佐伯と最終組でプレーした辻梨恵!堂々4位タイで最終日へ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<CAT Ladies 2日目◇24日◇大箱根カントリークラブ(6,655ヤード・パー73)>
 国内女子ツアー「CATレディース」の2日目。初日3位タイと好スタートを切った辻梨恵はこの日、6バーディ・3ボギーの70でラウンド。首位発進の後、2日目にスコアを崩した「ニチレイレディス」の時とは異なり、スコアをきっちり伸ばしトータル8アンダー、首位と3打差の4位タイと順位は落としたが好位置をキープした。

 この日はジュニア時代から憧れていたという佐伯三貴と最終組でプレー。すべてのホールでパーオンとショットが好調で、佐伯もホールアウト後に「いいゴルフをしている」と賞賛の言葉を贈った。しかし、この日はパットが不調で3つのボギーはいずれも3パットによるもの。「タッチとラインが合わなかったですね」と唇を噛んだ。
 しかし、「残り3ホールで修正できたので良かった」とプレー中にパットに対する不安は解消できた。「ホールアウト後に佐伯さんにハグしてもらって嬉しかったです。握手かなと思っていたので」と憧れの人から嬉しいプレゼントも。辻にとって、今日のラウンドは忘れられないものになったようだ。
 明日はその憧れの佐伯を3打差で追いかける展開に。「欲をかかないこと。ピンを攻めないで、マネージメント通りやって、パターが入ってくれれば」、無欲のプレーでツアー初優勝をつかみにいく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
ツキを味方にした辻梨恵が2打差3位タイ発進
堀奈津佳、妹の日本ジュニア制覇が刺激に!「頑張らないと」
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング