写真提供:マイナビニュース

写真拡大

近畿日本鉄道はこのほど、10月5日に伊勢市〜賢島間で運行開始する観光列車「つどい」の運行日、運行時間、発売場所などを発表した。

当初の予定では、10月のデビュー以降、2014年3月30日まで土休日58日間(元旦を除く)の運行とされていたが、今回の発表で運行日を大幅に追加。伊勢神宮への参拝者数がピークを迎える1月は毎日運行するほか、10・11月と3月の月・金曜日と春休み・冬休み期間にも「つどい」を運行。これにより、運行日は当初の予定の約2倍となる計111日間となった。

運行ダイヤは、賢島駅10時40分発・伊勢市駅11時39分着、伊勢市駅12時20分発・賢島駅13時16分着、賢島駅13時40分発・伊勢市駅14時39分着、伊勢市駅15時15分発・賢島駅16時14分着の1日2往復。途中、宇治山田駅、五十鈴川駅、鳥羽駅、鵜方駅に停車する。乗車の際、普通運賃のほかに観光列車料金(大人300円、小児150円)が必要。近鉄特急券発売窓口のほか、阪神三宮駅、伊賀鉄道上野市駅、近畿日本ツーリスト・JTB各グループ、農協観光の全国の営業所にて、乗車日の1カ月前から発売する。

なお、「つどい」は鳥羽〜鵜方間の車内で、土休日を中心に志摩地域の食材を使用した一品の振る舞いや、伊勢志摩の特産品の販売を実施するという。平日は一部日程において、三重県各市町によるイベントなども予定されている。

(佐々木康弘)