写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本は、土休日の連続する2日間、首都圏・南東北・上信越エリアの普通列車およびフリーエリア内の13の鉄道会社線が乗降り自由となるフリーパス「週末パス」の発売期間を2014年3月まで延長する。

同乗車券の販売期間は9月までとされていたが、週末を利用して旅行を楽しむ利用者から好評だったため、延長が決まった。利用期間は2014年4月20日までの土休日(12月28・29日、1月4・5日は除く)となり、発売額は大人8,500円、小児2,500円。フリーエリア内のJR東日本のおもな駅の指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザ、おもな旅行会社にて、利用開始日の1カ月前から前日まで発売する。

別途特急券などの購入で、新幹線や特急列車にも乗車可能。フリーエリア内で駅レンタカーを利用する場合、SクラスとAクラスが割引料金になる特典が付く。同乗車券のフリーエリアは、JR東日本の首都圏・南東北・上信越エリアの路線のほか、北越急行、伊豆急行、会津鉄道(西若松〜会津田島間)、富士急行、鹿島臨海鉄道、ひたちなか海浜鉄道、福島交通、阿武隈急行、山形鉄道、しなの鉄道、上田電鉄、長野電鉄、アルピコ交通(松本電気鉄道)。

(佐々木康弘)