写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市交通局は10月31日、市営地下鉄御堂筋線なんば駅地下1階コンコースに、新たに設置した駅ナカ商業施設「ekimoなんば」を開業する。北改札側のNORTHゾーン(11店舗)、南改札側のSOUTHゾーン(8店舗)の合わせて19店舗が入居する。

注目が集まりそうなのは、NORTHゾーンにオープンする「ランキンランキン」。あらゆるジャンルのランキング上位商品と注目商品だけを集めた流行発信ショップで、関西初出店となる。NORTHゾーンにはその他、短い時間で利用できるポイントメイクやヘアメイクの「アトリエはるか」、話題の店のスイーツが週替わりで楽しめる「スイーツボックス」など、バラエティ豊かな店が集まる。SOUTHゾーンは、男女ともに楽しめるファッションや服飾雑貨のショップが多く集まるファッションゾーンとなる。

なんば駅周辺は観光スポットや文化芸能施設が多く、国内外からの観光客や買い物客の利用が多い。同駅の特性を踏まえ、コンビニやATM、海外からの観光客向けに多言語メニューを用意するカフェ「クレバー1953」や、観光ガイドブックや大阪関連の本を多数扱う「天牛堺書店」など、国内外からの利用者に配慮した店も、NORTHゾーンを中心にそろえるという。NORTHゾーンとSOUTHゾーンを合わせた店舗面積は1,047平方メートル。想定売上は年商19億円。南海商事と東急不動産が指定管理者として運営管理を行う。

(佐々木康弘)