写真提供:マイナビニュース

写真拡大

仙台市交通局、宮城交通、仙台市都市整備局の3者で構成する仙台IC乗車券推進協議会は、2014年度に導入する「仙台IC乗車券」の名称を公募する。

応募条件は、「覚えやすく、呼びやすいものであること」「未発表の作品であること」など。ひらがな、カタカナ、漢字、英語など表記は自由。応募用紙は、仙台市交通局公式サイトや宮城交通公式サイトからダウンロード可能。仙台市民などに限らず誰でも応募でき、郵送、FAX、メールのいずれかの方法で応募できる。応募期間9月17日(必着)まで。

応募作品をもとに同協議会にて審査を行い、最優秀賞に選ばれた1点をIC乗車券の名称として採用する。最優秀賞受賞者(1名)には、1万5,000円分の図書カードが贈られる(同一名称多数の場合は抽選)とのこと。また、最終審査に残った応募者にも、抽選で数名に図書カードが贈られる。「仙台IC乗車券」は、2014年度に地下鉄南北線、2015年度に路線バスおよび地下鉄東西線に導入される予定。使い方などは一般的なIC乗車券と同様となる。

(佐々木康弘)