8月10日に公開された映画「少年H」。1997年に発売された原作小説は上下巻で340万部のベストセラーとなり、英語、台湾語、韓国語、中国語に翻訳されました。

 『少年H』は、舞台芸術家の妹尾河童氏が、自らの家族と戦争に翻弄される人々を描いた自伝的小説です。異国情緒にあふれる神戸の海辺の街で生まれた少年「H」。父・盛夫に現実を見つめることの重要さを教えられた「H」は、戦火がせまる神戸で毎日を懸命に生きていきます。

 盛夫役で主演を果たした水谷豊氏は、出演を決めた理由が作中の少年Hの「言葉」にあると語っています。

「戦争に負けたのが悔しくて涙が流れたのではなかった。『この戦争は、いったいなんだったんや!』と思うと、たまらなかったのだ」(『少年H』【上】下巻より)

 水谷氏は、なぜこの一行が心に残ったのでしょうか。その理由を、「新潮文庫の100冊」ホームページ上の「ワタシの一行」で語っています。

「理不尽な戦争に対する少年Hのこの言葉は、ぼくの心にやりきれなく突き刺さった。そして、そんなHを見守る父親の姿は、同じ子供を持つ親としても強くぼくの心をゆさぶった。悲惨な戦争を健気に生き抜いた一家の姿は、ぼくに大きな感動を与えてくれた。この原作を読み、ぜひともこの映画に出演し、Hの父親を演じたいと思った」(水谷豊)

 都内で行われた「少年H」の初日舞台挨拶で、妹尾河童氏に「お父ちゃんがよかった」と絶賛された水谷氏。原作者自身に讃えられ、役者冥利に尽きる瞬間となったことでしょう。

【関連リンク】
水谷豊が選んだ「ワタシの一行」
https://1gyou.jp/detail/index.php?type=famous&id=16



『少年H〈上巻〉 (新潮文庫)』
 著者:妹尾 河童
 出版社:新潮社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
オタクが最も輝く3日間 腐女子の「コミケあるある」
松井秀喜が語る、甲子園「5連続敬遠」への想いとは・・・?!
宮藤官九郎、リリーも絶賛!人気放送作家が手がけた『明日のカルタ』


■配信元
WEB本の雑誌