夏の甲子園優勝校、前橋育英主将・荒井君のTwitterが涙不可避な件

写真拡大

荒井君Twitter22日、夏の甲子園では前橋育英(群馬)が延岡学園(宮崎)を4-3で制し初出場ながら初優勝という快挙を成し遂げました。

【関連:コミケ準備会、「冬コミ申込締日なのに過去最悪の7000件未完了」と嘆く】

荒井君Twitter


試合は互に一歩も譲らぬ白熱した内容で、延岡学園が4回で3点先取したものの、その後前橋育英に巻き返され、7回で前橋育英主将の荒井海斗三塁手(3年生)が勝ち越しとなる1打を決め優勝を勝ち取りました。

V打を決めた前橋育英主将の荒井君。お父さんが前橋育英野球部の監督、そしてお母さんは寮母として選手・チームを支えてきたことは有名ですが、荒井君は小学校5年生の時にこんな作文を書いていたそうです。

――前橋育英で甲子園に出て、全国制覇をしてお父さんを胴上げしたい

今回、前橋育英が優勝したことでその夢は叶えられたことになります。

さて、その荒井君。あまり知られていませんが、Twitterアカウントを持っています。
22日に優勝を決めた直後から、そのTwitterにも注目があつまり、多くの人が荒井君の言葉を目にすることになりました。

そしてその投稿された言葉の数々がネットを中心に今、密かな感動を呼んでいます。

本稿では、荒井がこれまでに投稿したツイートの中から注目されるものをご紹介。

■18歳誕生日

――2013年7月18日 – 22:40
18歳になりました!電話越しにクラッカーやってくれたり歌ってくれたり…沢山のプレゼント本当にありがとう!人生18年目にして初めて言われました、「生まれてきてくれてありがとう」 お母さん、お父さん僕を産んでくれてありがとう!

■甲子園初出場を決めて

――2013年7月28日 – 23:03
3歳からの夢!叶えました!夢って叶うものなんですね!お父さんと一緒に甲子園の舞台に立てる!こんな幸せなことありません!甲子園でも勝って必ず校歌を歌います!優勝した瞬間、あの感動は一生忘れないね!

■甲子園1回戦前日

――2013年8月11日 – 21:18
明日、絶対に勝ちます!思い切ってプレーします!父に今まで監督やってきてよかったと思わせます!母も今まで苦労してきました!寮母として毎日大変な思いをしてるのを知っています!母には今まで苦労してきてよかったと思わせます!親孝行します!

■1回戦前日のツイートにコメントをくれたお兄さんへ

――2013年8月11日 – 22:21
@blf_boyz もちろん感謝してるよ!小さい頃は喧嘩ばっかしてたけど結果仲良し!兄ちゃんの分まで甲子園でプレーしてくるよ!

■1回戦突破

――2013年8月12日 – 22:39
甲子園で校歌を歌うことがあんなに気持ちいいものだとは思ってなかった!緊張してる暇もなく一瞬の出来事のように感じた!アルプスからは凄い応援だった!育英生をはじめ、応援して下さった方々ありがとうございました!また次もお願いします!

■2回戦突破&監督でありお父さんの誕生日

――2013年8月16日 – 21:43
父の誕生日を勝利で祝えました!自分は何もしてないけど!今まで誕生日プレゼント渡したことなかったけど今年は初めてプレゼントを渡せました!ウイニングボール!遠くから応援にきてくれた人達ありがとうございました!やっぱり育英の応援が一番です!最高です!おつかれさまでした!

 
16日からは試合に集中したのかTwitterの投稿が途絶えてしまいましたが、22日優勝後、お兄さんのTwitterから寄せられたコメントをRTして知らせています。

■お兄さんのTwitter(えみねむ ‏@blf_boyz)

――2013年8月22日 – 17:05
甲子園連れてくよって弟からの言葉から2ヶ月。家族の夢を叶えてくれてありがとう。試合終了と同時に号泣。閉会式は母ちゃんと一緒に見て久しぶりの家族旅行だねって。色んな人からおめでとうの言葉を貰って兄貴は幸せです!最高の思い出をありがとう!

 
一連の荒井君のツイートを見た人は「主将になるべくしてなった」「聖人」「すごいとしか言い様がない」「涙不可避」と感動の意見をネット上にあげています。

今回、前橋育英が優勝できたのは偶然でも奇跡でもなく、選手一人一人の力は勿論のこと、長年夢を追い続け、支えてきた荒井一家の力も大きかったのかもしれませんね。

参考/画像
前橋育英主将の荒井海斗三塁手 Twitter https://twitter.com/5reoKaito