写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドイツ連邦共和国大使館は10月11日〜14日、東京都立青山公園にて、「ドイツフェスティバル 2013」を開催する。

○ドイツを深く理解できる交流イベント

同イベントは、文化、グルメを通じてドイツ、日本両国の文化・伝統交流を図るため実施される日独交流フェスティバル。

日独交流150周年を迎えた2011年に、国内では多くの記念事業や要人訪問など様々なプロジェクトが行われた。その中のクロージングイベントとして、同年10月23日には「ドイツフェスティバル〜絆をつなごう ドイツと日本」を開催。イベント中は、東日本大震災の被災者支援のためのプロジェクトも数多く紹介され、大盛況となった。

同フェスの開催後、これを「一過性のものにしてはもったいない」「来年も実施してほしい」など多くの声があったという。日本とドイツ双方の架け橋になる、また広がりのあるイベントへと成長させていきたいとの思いを込め、昨年に引き続き、今年も開催が決定したとのこと。

会場では、ドイツの食べ物などのブースのほか、雑貨の販売、ステージイベントやワークショップなども予定している。

開催日時は、10月11日〜14日 11時〜21時(11日は17時〜21時)。会場は、都立青山公園(東京都港区六本木7-23)。入場無料で、飲食は有料となる。その他、詳細は同イベントWebサイトにて確認できる。

(エボル)