NY発ふわふわパンケーキ「クリントン・ストリート・ベイキング」日本1号店オープン

写真拡大

 ニューヨークでは1時間待ちが必至だという人気店「クリントン・ストリート・ベイキング」の日本1号店が8月23日、南青山の骨董通り沿いにオープンした。店舗は外観と内観ともにニューヨーク本店の雰囲気を取り入れ、素材の味を活かしたナチュラルなパンケーキをはじめ卵を使ったベイクドフードなど、本店の味を再現したメニューを提供。オープンに合わせ、創業者夫妻の二―ル・クレインバーグとディディ・ラーマンが来日した。

NYで話題のブランチが青山にの画像を拡大

 2001年4月創業の「クリントン・ストリート・ベイキング」は、厳選した素材を使用したクラシックな料理を求めて、地元ニューヨーカーだけではなく各国から観光客が訪れている行列店。日本初上陸の「クリントン・ストリート・ベイキング 東京」では、外観に赤、内観にナチュラルな白を使用し本店を再現。奥のらせん階段を上った2階には半個室席を設けている。オープン時のメニューは、メイン州産の野生種のブルーベリーを使った「Pancakes With Warm Maple Butter(パンケーキwithメープルバター)」やトーストしたバターミルク・ビスケットに伝統のオランデーズ・ソースを乗せた「Eggs Benedict(エッグベネディクト)」、自家製トマト・ジャムを添えた「Buttermilk Biscuit Sandwich(バターミルクビスケットサンドウィッチ)」、スイス・チーズやマッシュルームなど豊富な具材から好みにあわせて中身を2種セレクトする「Clinton St. Omelette(クリントン・ストリート・オムレツ)」などを用意。2人のシェフが本店で修行したほか創業者自ら来日して指導にあたっているため、本場の味が楽しめるという。

 オープンに先駆けて開催されたパーティには二―ル・クレインバーグとディディ・ラーマンが出席。海外初の店舗を日本に出店したことについて「本店に訪れるお客さんに日本からの観光客が多かった。また私たち自身日本が好きなので、私たちが創り出した味を日本で提供できることを嬉しく思います」と話し、またメニューについて「パンケーキのほかにも特にエッグベネディクトなど、店名にもなっているようにベイクド(=焼いた)メニュー全てがおすすめ」だという。


■8時台からオープンしている東京のおしゃれ"朝カフェ" 9選
 http://www.fashionsnap.com/inside/tokyo-morning-cafe9/

■クリントン・ストリート・ベイキング 東京
 住所:東京都港区南青山5-17-1 YHT南青山ビル
 電話番号:03-6450-5944
 営業時間:8:00-23:00
 席数:65席