●TALE8 アンティークドール

(画像:「ローゼンメイデン」公式Webサイトより)
©PEACH-PIT・集英社/ローゼンメイデン製作委員会

●キャスト
桜田ジュン:逢坂良太
真紅   :沢城みゆき
雪華綺晶:千葉千恵巳
水銀燈 :田中理恵
翠星石 :桑谷夏子
蒼星石 :森永理科
金糸雀 :志村由美
雛苺 :野川さくら
桜田ジュン(中学生):真田アサミ
柏葉 巴 :倉田雅世
桜田のり:力丸乃りこ
柿崎めぐ:河原木志穂
草笛みつ:川瀬晶子
ラプラスの魔:三上哲
斉藤さん(さいとう):高森奈津美
山口(やまぐち):須藤翔

●ストーリー
引き籠りの中学生・桜田ジュンの元に届いた一通のダイレクトメール。

「まきますか まきませんか」

その選択により世界は枝分かれした。

「まきます」を選んだジュンは真紅と出会い、「まきません」を選んだジュンは真紅と出会わないまま、やがて大学生になっていた。

決して交わるはずのない世界。だが、ふたつの世界は繋がってしまった!!

ひきこもりを克服して外に出たものの、自分の居場所を見つけられない「まかなかった」ジュン。

「ローゼンメイデン」が存在するはずのない世界にやって来た真紅。その出会いがもたらすものは!?
●雪華綺晶の身体
雪華綺晶「もうすぐ、もうすぐよ。私の二つ目のおうち…。」

現在、桜田ジュンが製作しているドールは雪華綺晶の身体となる予定のもの。当然ながら彼はその事を知らず、雪華綺晶の脅威についても認識すらして無いようです。

※真紅は認識しているようですが…。
●水銀燈の感情の変化
真紅「良い香りね。」
桜田ジュン「じゃあ、出掛けてくるから。」
真紅「ジュン、貴方、水銀燈に何か言った?」
桜田ジュン「別に。」


朝の紅茶を嗜みながら、真紅は水銀燈の感情の変化(昼間、真紅のトランクで眠っている事)に気付いたようです。

真紅「ドールの扱いが上手いのはどちらも同じね。」

その桜田ジュンが向かう先は斉藤さん所属の劇団。彼も馴染みのあるコミュニティが出来て充実しているようです。

そんな日々が暫く続き…。
●斉藤さんとの関係性
「週刊 新・少女の作り方」を製作途中のある日、アルバイト先の書店で在庫が合わない件の対応で店長からサービス残業をさせられる桜田ジュンと斉藤さん。

桜田ジュン「(早く帰りたい。)」

しかし、短時間で解決する彼。

斉藤さん「また助けられちゃったね。ありがとう。」


現在、彼は彼女から絶大な信頼を得ているようで、彼が突っぱねても彼女の方からついていく感じのようです。

真紅「ジュン、最近ちゃんと寝てるの?顔色が悪いわよ。」

真紅から顔色を心配される桜田ジュン。そして本日の深夜もドール製作をする彼。

水銀燈「週刊 新・少女の作り方、ねえ。」

彼女はその箱と刻印を見て、ある事に気付きます。
●真紅、消滅の日
水銀燈「いよいよ今日だわ。」

水銀燈が悦楽の笑みを浮かべる理由は、本日中に「nのフィールド」が繋がらないと真紅が消滅してしまうから。

水銀燈「私が起きたとき、貴方は消えているってことね。バイバーイ!」

と彼女はトランクで眠りにつきます。

本日は斉藤さんの劇団の初演の日。真紅も連れて行って欲しいという素振りを見せます。

※結局、バックの中に隠れて連れて行かれる真紅。

真紅「ホーリエ。あの子は自分で思っているより大きな手のひらを持っているの。そのうち人形遊びからも離れると思う。もう少し傍で見ていたかったけど…。」

真紅の桜田ジュンを見る目は下僕に対してというより、まるで母のような…。
●真紅、女優デビュー!
ところが公演の準備中、小道具のアンティークドールが無い事が判明!

真紅「お困りのようね。」

真紅は自ら小道具のアンティークドールの代わりとして演劇に出演する事(一応、女優デビューとなるのでしょうか?)になります。

水銀燈「真紅は何を考えているのかしら?真紅の消滅なんて面白い事、見逃すわけないでしょ。」

しかも、そこには未完成の雪華綺晶の身体が!

「ローゼンメイデン」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「ローゼンメイデン」第7話「てのひらの人形」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ローゼンメイデン」第6話「桜田ジュン、今を変える事!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ローゼンメイデン」第5話「水銀燈」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ローゼンメイデン」第4話「真紅の目覚め」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ローゼンメイデン」第3話「真紅との再会」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ローゼンメイデン」TVアニメ公式Webサイト