夜景や光の軌道が撮影できるインスタントカメラ「チェキ」新モデル発表

写真拡大

  富士フイルムが、往年アナログのカメラのような光を操る機能に加え、内蔵マクロ等の最新機能を搭載したインスタントカメラ「チェキ」の新モデル「instax mini 90 ネオクラシック」を9月20日に発売する。これに先駆け、体験型リリースイベントが8月22日に青山IDOLで行われた。

最新機能も搭載したチェキ発売の画像を拡大

 新モデルは「NEO(新しい)+CLASSIC(定番・クラッシック)」をコンセプトに開発。長時間シャッターを開放することで、夜景や光の軌道が撮影できるバルブモードと、1枚のフィルムに2枚の画像を重ねることができる二重露光モードが搭載されている。オープン価格は19,800円(税込)。

 イベントでは、会場内にバルブモードと二重露光モードを体験できるブースが設けられ、フォトグラファーの瀧本幹也が同商品の新機能を使って撮影した写真を展示。また写真家やクリエーター、アーティストたちがチェキで撮った写真の企画展「instax Style」が開催され、「でんぱ組.inc 」を撮影したフォトグラファー米原康正の作品やファッションエディターTiffany Godoy(ティファニー・ゴドイ)の作品が公開された。