「ひふみ投信」の基準価額と純資産額の推移。中小型の成長株を中心に投資するスタンスが功を奏し、日経平均株価が必ずしも堅調でなかった時期にもかかわらず、基準価額は5年弱で2倍に!

写真拡大

 銀行や証券会社を介さず、投資家に直接販売する独立系投信として、2008年10月に運用が開始された「ひふみ投信」(運用会社はレオス・キャピタルワークス)。中小型株を中心に投資する運用方針で、2013年7月31日時点の設定来騰落率は198.22%と、5年弱で基準価額が約2倍になるという優秀なパフォーマンスを叩き出してきた。


 格付投資情報センターが選ぶ「R&Iファンド大賞2012」では「国内株式部門」の最優秀ファンド賞、「R&Iファンド大賞2013」でも優秀ファンド賞を受賞するなど、業界内でも注目を浴びるファンドへと成長。現在では直販のほか、SBI証券や楽天証券、マネックス証券など大手ネット証券でも「ひふみ投信」と同じマザーファンドの「ひふみプラス」を取り扱う会社が増えてきている。

「ひふみ投信の伝説が始まる」という意味深なコメントの理由は?

 その「ひふみ投信」のファンドマネジャーを務めるのは、『日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい』(ダイヤモンド社刊)などの著書でも人気のカリスマファンドマネジャー・藤野英人さん。野村投資顧問(現・野村アセットマネジメント)やゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントなどの外資系金融機関などでも運用業務に携わってきたカリスマファンドマネジャーだ。

 今年の4月中旬、その藤野さんが「facebook」に投稿したコメントが話題になった。

 そのコメントは「五月にまた有能な人が運用部に加わります。ひふみ投信の伝説はむしろここから始まると。運用部としての総合力は、日本屈指になると思います。だからすぐに結果が出るとはいえないのだけど、有能なチームが必死に働けば必ず結果がついてくるのも過去の経験で知っています」というものだ。

 このコメントに書かれている「有能な人」とはいったい誰なのか、という点に注目が集まったのだ。

7年半で資金を約2000倍に増やしたカリスマ投資家・五月さんが、「ひふみ投信」のレオス・キャピタルワークスに入社した!

 そしてその同時期、別の人物のもう一つの発言が注目を浴びた。

 それは「ご報告」というタイトルで投稿されたブログで、内容は「突然ですが、5月から運用会社で働くことになりました」というもの。そのブログを投稿した人物は、個人投資家の五月(ごがつ、ハンドルネーム)さんこと片山晃さんだった。

 五月さんは、2005年5月に65万円で日本株投資を始め、昨年末の資産は10億円の大台を突破。7年半で資産を2000倍近くにまで増やすという驚異的なパフォーマンスを残した個人投資家。2011年4月号の『ダイヤモンドZAi』への登場を皮切りに、昨年末以降は一般週刊誌、各種新聞でも取り上げられたほどの、いわゆる「カリスマ個人投資家」の一人だ。

 投資を始めた当初はデイトレなど短期売買が主体だったが、資金が5000万円を超えた09年以降は中小型株での中長期投資を本格的に開始し、日経平均株価が必ずしも好調でなかった時期にもかかわらず、株価が2〜10倍になる銘柄をいくつも発掘することで、資産を急増させてきた。

 そして今回、ザイ・オンライン編集部は藤野さん、五月さんの両者への取材に成功。はたして、日本有数の日本株投信である「ひふみ投信」は、なぜ個人投資家だった五月さんを運用チームのアナリストとして採用したのか。そして、十分な資産を築いたカリスマ個人投資家である五月さんが、なぜ今、個人投資家から機関投資家に転進したのか。

両者へのインタビューで、その一部始終が明らかになる!

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)