<関西オープン 初日◇22日◇オリムピックゴルフ倶楽部(7,298ヤード・パー72)>
 今季不調の続いていた川村昌弘が、4バーディ・1ボギーの“69”で回り3アンダー5位タイと上々の位置で初日を終えた。川村はINからスタートすると12番、16番とバーディ。18番はボギーとしたものの、後半は5番、6番と連続バーディで上位に食い込んだ。
練習中の久保谷健一が熱中症で救急搬送
 ラウンド中はアクシデントもあった。今週はコース所属のハウスキャディとタッグを組んでいたが、後半の2番を終えたところでキャディが熱中症で体調不良を訴えて脱落した。3番は競技委員が急きょキャディを務め、4番のティグラウンドから代理キャディに交代。それでもプレーに影響を及ぼすことなく回りきり、「前半から辛そうだったので、無理しないでゆっくりしてくださいと言いました」と熱中症のキャディを気遣った。
 ちなみに、この日は最高気温33.4℃と真夏日となり川村以外にも手嶋多一ら4選手のキャディが体調不良で途中交代している。
 川村は今季ここまで9試合に出場して予選落ちが7回と絶不調。その原因の1つが左手親指付け根の故障だ。5月の日本プロ終了後に痛めて、ダイヤモンドカップは欠場。その後3試合に出場したもののいずれも予選落ちを喫し苦しい状況で前半戦を終えた。
 それでも、この6週間のオープンウィークで左手親指痛も完治。練習後はアイシングするなどケアは続けているもののプレーに支障はなく、オフに出場した札幌オープンでは4位タイに入るなど調子も上向きで、「気持ちよくゴルフができているのが何よりうれしいですね」と明るい表情を見せた。昨年は日本ゴルフツアー選手権で優勝争いを演じるなどした20歳。後半戦の巻き返しへ灼熱の関西を盛り上げる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
日本アマ王者・大堀裕次郎がツアー初出場で5位タイ発進
松山の後輩アマ佐藤、ズボンやぶれてパンツ丸見えも5位タイ
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング