写真提供:マイナビニュース

写真拡大

いよいよ来週8月29日に発売を控えたプレイステーション3専用ゲームソフト『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』を記念して、発売日の直前26日より東京・山手線一編成をジャックした「ジョジョ ASB トレイン」の運行が決定した。

山手線一編成の外装(ドア横)、内装(まど上・ドア横・中づり・つり革)には、本作に参戦が決定している『ジョジョ』第1部から第8部までのキャラクター総勢33名(うち1体は初回封入特典でダウンロード)をデザイン。ジョジョの面々はもちろん、ディオやカーズ、ディアボロなど各部のボスキャラや人気のサブキャラクターも登場する。さらに、トレインチャンネルには本作のPVが上映され、外も中もすべて『ジョジョ』ならではのスタイリッシュな工夫が施された、まさに『ジョジョ』づくしの列車になるという。運行期間は8月26日〜9月9日。

期間中には、PC、スマートフォン向けの特設サイトにて「ジョジョ ASB トレイン」の運行情報をリアルタイムで配信し、Twitterでは「ジョジョ ASB トレイン」の目撃情報をサイト上で共有することも可能。(ハッシュタグ「#ジョジョ ASB トレイン目撃)さらに第5部に登場するナランチャ・ギルガのスタンド「エアロスミス」が「ジョジョ ASB トレイン」を追尾し、運行情報をリアルタイムで配信する。

『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は、1987年から連載がスタートし、現在も漫画誌『ウルトラジャンプ』(集英社刊)誌上で連載中の荒木飛呂彦氏による人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の世界観を忠実に再現した対戦格闘アクションゲーム。第1部『ファントムブラッド』から最新の第8部『ジョジョリオン』まで、シリーズに登場する主要キャラクターが総登場する。プロモーション動画の再生数は1,600万回を越え、8月20日現在の「2013年 Amazon.jp ゲーム総合ランキング」ではNo.1セールスを記録しており、昨年の発表時から大きな注目を集めている。

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 (C)2012 NBGI