自然保護団体「WWFジャパン」の404エラーが「せつなすぎる」と話題

写真拡大

404エラー自然保護団体「WWFジャパン」公式ホームページの404エラーページが「せつなすぎる」として今ネット上で話題を集めている。

【関連:カオスすぎるサスペンスドラマのタイトル集】

404エラー


404エラーとは該当ページがない場合に表示される画面。リンクをクリックした飛び先でページがなく「404エラー」と書かれた画面に遭遇したことはないだろうか?
一般にはこうした味もそっけもないページが用意されているが、サイト運営者によってはご丁寧に404エラー専用のページを設けていることもある。

今回話題になっている「WWFジャパン」のエラーページでは、「404 File not found.申し訳ありません。見つけることができません。」という一般的な404エラーを知らせる文章とともに、既に絶滅してしまった動物を紹介している。

紹介されているのは「ドードー」、「リョコウバト」、「カロライナインコ」。
画像とともに、「ドードーは、1681年に絶滅しました。世界中を探しても見つけることはできません。」という風に、その種類がいつ絶滅したか紹介文が添えられている。

WWFは自然環境保護以外にも、絶滅危惧動物を保護することでも有名。こうした404エラー(存在しないページ)にかけ、既に絶滅してしまった動物を紹介することで、環境保護や絶滅危惧動物の保護についてメッセージを送っているのである。

なお、紹介されている鳥たちは全て人間の乱獲や環境破壊が原因で絶滅したと言われている。