Gap原点のデニムに回帰したコレクション「インディゴストーリー」限定販売

写真拡大

 「Gap(ギャップ)」が、ブランドの原点のデニムに回帰したオーセンティックなプレミアムコレクション「Indigo Story(インディゴストーリー)」を展開する。メンズ向けの秋コレクションで、「Back to Blue」をテーマにフーディーやワーカーシャツといったインディゴカラーのアイテムをラインナップ。原宿と銀座のフラッグシップ2店舗限定で、9月10日に販売を開始する。

Gapから限定デニムコレクションの画像を拡大

 「Indigo Story」は、アメリカンオプティミズムを象徴するデニムを通じて、アメリカンカジュアルを提案している「Gap」の世界観を表現したというコレクション。セルビッチヘリテージジャケット(14,000円)やセルビッチジーンズ(12,900円)、ショールカラーフリース(9,900円)、ジップフーディー(7,900円)、そしてシャンブレーワークシャツ(7,900円)などがそろう。

 また、全国のGapストアでは不要なデニムを30%オフクーポンと交換できる「DENIM RECYCLING PROJECT」を実施中。回収されたデニムは、世界各地で衣料を必要としている難民・避難民に贈られる。期間は9月16日まで。